カテゴリ:Artなこと( 101 )

miwapottery

miwapottery

マゼコゼでは初めての展覧会

静かな中に凛としながらも暖かみのある形と色の作品が並ぶ
「冬の銀河と器たち」
タイトル通りの器たちが並ぶ。

冷たい空気の中でmiwaさんのカップでスープ飲みたい!
そんな気持ちになる器がいっぱい並んでいます。
ぜひおでかけくださいね。

12月8日〜27日 12時〜17時open
作家在廊日 8日と15日
期間中のお休みは 12日、16日、22日

おまちしています。



a0162646_20185612.jpg
a0162646_20213617.jpg
a0162646_20230148.jpg
a0162646_20232181.jpg
a0162646_20234040.jpg
a0162646_20240007.jpg
a0162646_20242923.jpg
a0162646_20343571.jpg


[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-12-09 20:34 | Artなこと | Comments(0)

Ann's present

台湾の女の子 Annちゃん。
出会いはつい最近だけど、いろんな共通の知人がいて、いろんな人を繋いでくれる女の子。
そんなAnnちゃんが1年かけていろんな場所や人と出会い、それぞれの場所での思い出をドローイングに残す。

日本って、こんなに素敵だったっけ?ってAnnちゃんのドローイングを見て思う。
そして、日本人って、こんなに優しかったっけ?って彼女のドローイングを見て微笑む。

Ann's present
12.2−12.6
12:00−17:00 open

たくさんのご来廊おまちしています。Annちゃんは期間中ずっと在廊です。
a0162646_21542785.jpg
a0162646_21545239.jpg
a0162646_21554699.jpg
a0162646_21562585.jpg
a0162646_21565871.jpg



[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-12-03 21:57 | Artなこと | Comments(0)

曖昧な世界へ

四辻藍美さんのアイヌ刺繍展「一本の縄から始まる 2018・秋」も残すところあと4日となった。
今回も四辻さんはいろんな素材にアイヌ刺繍を施している。
この素材には刺繍しずらくて、とてつもなく時間がかかったのでは?と思うような素材に今回も刺繍がされている。
いつもながら本当にチャレンジャーな藍美さん。

白い生地に白い糸で刺繍をする。シルクの糸や綿の糸。針を通す生地、糸、その素材の違いで凹凸の違いが出る。ちょっとしたことなんだけど、それだけで全体の装いは一気にかわる。美しさができる根源はそこなのかなと思う。

私は長野市にいま住んでいて車で40分ぐらい走ると黒姫と呼ばれている地域に行くことができるのだが、黒姫に行くといつも霧がかかっていて景色が曖昧。その曖昧な感じがとっても綺麗で、霧の中で見る景色がすべてぼんやりなんだけど本当に美しいなと思う。

この作品が本当に美しいと思うのはなぜなんだろうと思うと、そんな霧の中の景色が浮かんできて、その曖昧な世界に連れて行ってくれるからかなと藍美さんの作品を見て思う。曖昧なもののなかに、じっと目をこらしてみると無数のものがあふれていて、それは生命力にあふれていて、エネルギーを感じさせてくれる。そんなことを思い起こさせてくれる作品がならんでる。四辻さんのアイヌ刺繍の世界。ぜひ見にいらしてください。

四辻藍美アイヌ刺繍展「一本の縄から始まる 2018秋」 11月30日まで。
a0162646_16543226.jpg


[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-11-27 16:59 | Artなこと | Comments(0)

四辻藍美アイヌ刺繍展「一本の縄から始まる 2018秋」

a0162646_14152588.jpg
a0162646_14154817.jpg
四辻藍美さんのアイヌ刺繍展が今年も始まった。

ミクロの世界にどんどんはいっていくような、そんな感じを漂わせる藍美さんの新作。
7つの額に入った連作はアボリジニの作家さんが描いた「牛の井戸」からヒントを得たと藍美さんは言っていた。

かつて私も西オーストラリアを旅行したときに訪れたフリーマントルというところにある刑務所で
その独房に描かれた絵のなかにアボリジニの人が描いた絵があった。
その絵はいまもずっとどこかしら自分の記憶のなかに残っていてふとしたときに現れる。

記憶の断片のミクロの世界。
それはどこか遠い未来に通じていて、また原点にもどってくるような懐かしい世界。
知っているようで知らない世界。
また一歩、アイヌのことについて知りたくなった。

そして、もっともっとアイヌのことを知れば、人というものについて知ることができるのだろうなと思った。

四辻藍美 アイヌ刺繍展 「一本の縄から始まる 2018年秋」
11月5日〜30日(期間中のお休みは11、17,18,26日) 12時〜5時まで
a0162646_14135644.jpg
a0162646_14142934.jpg



[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-11-08 14:16 | Artなこと | Comments(0)

直井保彦 「隣人台湾」

7日から始まる直井保彦写真展「隣人台湾」。
台湾は近くて遠く、その距離感が自分のなかでもいまひとつつかめない。
今回の直井くんの写真を見ながら、彼のコメントを読むと、そこには全く自分がしらなかった台湾が見えてくる。
先住民族の一つであるタオ族、セデック族、その歴史のなかで必ず日本人が関わっている。
直井君が写しだす隣国台湾に住む先住民の人たちの姿は優しい。過去の歴史を知れば知るほど
隣人台湾の人たちの優しさを思い知る。写真一枚一枚に直井くんの思いが書かれたメモがそえてある。
遠くて近い隣国台湾。

そんな隣人の優しさに包まれた展覧会。ぜひ見にいらしてください。

直井保彦 写真展
「隣人台湾」
10月7日〜25日(期間中の9日、13日、14日、21日お休み) 12時〜5時までopen


a0162646_23241510.jpg
a0162646_23244101.jpg
a0162646_23251308.jpg


[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-10-06 23:25 | Artなこと | Comments(0)

Funky African

a0162646_17545573.jpg
a0162646_17564589.jpg
a0162646_17292871.jpg
ただいまマゼコゼで開催中のFunky African展。
いろんな素材をそれぞれの作家さんが魔法をかけて楽しくてファンキーな作品に変身させてくれました。
29日は、ヨコガオムーン&ハンドパワーコーヒーのイベントやります。12時からヨコガオムーンの木っ端のワークショップをやっています。そしてハンドパワーコーヒーも飲めますよ。ぜひいらしてくださいね。
a0162646_17482174.jpg
a0162646_17493160.jpg


[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-09-19 19:51 | Artなこと | Comments(0)

手仕事

ここしばらくブログに文章を書くことをしてなかった。日付をみたら3ヶ月近くMAZEKOZE日記を更新していなかった。理由の一つに肩がいたくて(50肩)キーボードで長い文章がうてないということがあって、じゃあ手書きでと思ったけどますます書けない。しかし、すべてにおいて全くできなくなるというのではなくて、ちょっといつものようにできないという感じになるので、料理にしても文字にしてもちょっと雑になると言うか、下手になるというのが本当のところ。
話は変わって、いまMAZEKOZEで展覧会をしている手縫いのある暮らし展は見れば見るほど味のある展示だなと思うのだけど、その理由はたぶん完璧じゃないから。ちょっとずれてたり、ちょっといびつだったり。手仕事の良さは、きっとそんな中に潜んでいて、なぜそこに惹かれるのかは、はっきりした答えはないけれど、その完璧じゃないところに原始的なものを感じたり、かっこよさを感じたりするからかなと私は思う。一針、一針があっちこっちいってるのが手縫いの良さ。
スマートなもの、かちっとしたものに溢れている今日このごろ、ちょっと逆行しているかも知れないけど、これが格好良いと思うものが並んでいます。お時間あったら是非見にいらしてくださいね。
a0162646_21221538.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-06-05 21:22 | Artなこと | Comments(0)

ロケットストーブとスローベーカー

アダムさんの展覧会が今日から始まった。
ロケットストーブを夫が初めて作ったのが9年前。
そしてアダムさんにロケットストーブで調理できるような調理器具を陶器で作れたりするかな~と相談したのはいつだっただろうか? ロケットストーブはもともとアメリカのNGOが難民キャンプなどで使用できるストーブとして開発したもの。少ない燃料で、現地にある土などで作れるストーブでクッキングストーブとしてもつかえ暖もとれ、そして難民キャンプなどで子供たちにも煙の害がでないように開発されたものだ。マゼコゼにあるアダムさんのスローベーカーという調理器具。これはアダムさんが作ったスローベーカーのなかでもかなり初期のもの。ロケットストーブの上でずっと置かれているスローベーカー。よく『空炊きして割れたりしないんですか?』と聞かれるけど、もう何年もストーブの上に置いているけど割れない。スローベーカーという名前は、ゆっくりゆっくり時間をかけて料理する調理器具という意味からきていて、別名はクレイベーカー。土でできているからクレイベーカー。ロケットストーブもアダムさんが作る調理器具もどちらも土からできていて、その土の蓄熱がキーポイント。土はあたりまえだけどゆっくり温まり,冷めにくい。そしてこの時間は今の世の中の動きとはまったく逆。ゆっくりゆっくり。じんわりじんわり。ちょっと時計の針をちくたくちくたくからちーくたーくちーくたーくと遅らせる。
そして、これがあるから自分は今バランスを保てているんだなとスローベーカーで焼き芋をつくりながら毎年考える。最高温度が氷点下になるこの時期の長野。このロケットストーブとスローベーカーは時計の針をくるわせる。
a0162646_22541151.jpg
a0162646_23282381.jpg


[PR]
by cafe_mazekoze | 2018-01-11 23:20 | Artなこと | Comments(0)

about Oval Window

a0162646_17143032.jpg
a0162646_17134549.jpg
いま展示中の「一畳硝子のステンドグラスとゴッタクのチャックとがま口」。今回はステンド制作の一畳硝子とバッグやがま口制作のゴッタクの二人展。途中少し作品も増えて、マゼコゼ2階がDMそのものの素敵な空間になっています。

そんななか、一畳硝子のステンドグラスの作品のひとつ「蝸牛(かたつむり)」にそっと添えられた冊子
About Oval Window

一枚一枚ページをめくりながら読み終えて作品を眺めると、不思議な気持ちにおそわれる。
小さな小さなミニマムの世界に潜り込んだような気分になる。
ミルキーウェイって。。。牛とミルクと蝸牛。
On the milky road という映画を見逃したのを後悔する。

そしてゴッタクの鮮やかな生地に目をむけると、世の中はいろんな色に囲まれて広いんだなと感じる。いきなりメガの世界へ。
そんな対象的な二人がおりなす世界。

展覧会は27日までつづきます。是非見にいらしてくださいね。




[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-12-13 17:15 | Artなこと | Comments(0)

わずかな光のなかで

昨日から始まった「一畳硝子のステンドグラスとゴッタクのチャックとがま口」展。
展覧会場ではライトをつけるのはあたりまえだけど、薄暗い中で作品を見るのが実は一番綺麗だなと私は毎回どの展覧会でも思う。
そして今回の展示はとくに薄暗い光が似合う。
人が生活していくうえで、人工的な明かりってそんなに必要なんだろうか。きっとそんなに明るくないほうが、いろんなことが見える。
一畳硝子のステンドは柔らかい静な感じで、ゴッタクのバッグやがま口はエネルギーにあふれ動な感じ。ふたつがあいまって、調和のとれた空間になっている。
薄暗い光りの中で、あれやこれや感じてもらえる展示。たくさんの方に見ていただけますように。

a0162646_2241553.jpg

a0162646_22463021.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-12-07 22:46 | Artなこと | Comments(0)