about Oval Window

a0162646_17143032.jpg
a0162646_17134549.jpg
いま展示中の「一畳硝子のステンドグラスとゴッタクのチャックとがま口」。今回はステンド制作の一畳硝子とバッグやがま口制作のゴッタクの二人展。途中少し作品も増えて、マゼコゼ2階がDMそのものの素敵な空間になっています。

そんななか、一畳硝子のステンドグラスの作品のひとつ「蝸牛(かたつむり)」にそっと添えられた冊子
About Oval Window

一枚一枚ページをめくりながら読み終えて作品を眺めると、不思議な気持ちにおそわれる。
小さな小さなミニマムの世界に潜り込んだような気分になる。
ミルキーウェイって。。。牛とミルクと蝸牛。
On the milky road という映画を見逃したのを後悔する。

そしてゴッタクの鮮やかな生地に目をむけると、世の中はいろんな色に囲まれて広いんだなと感じる。いきなりメガの世界へ。
そんな対象的な二人がおりなす世界。

展覧会は27日までつづきます。是非見にいらしてくださいね。




[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-12-13 17:15 | Artなこと | Comments(0)
<< ロケットストーブとスローベーカー わずかな光のなかで >>