人気ブログランキング |

節分そして灯明祭りへ

今日は、夫と仲間の作家さんたち、桜井シモンさん、小林野々子さん、岡沢じゅん君が娘が通う学校の図工の授業を受け持ちに出かけて行った。
火曜日にも同じように授業を受け持ち、今日が2回目。

図工の授業の内容は灯明祭りにあわせての子どもたちによる灯明制作。
2学年の生徒さん全員で作るのだが、和紙を使っての作業は意外と時間がかかるもの。
私もいくつか家で作ったが、やはりそれなりに時間はかかる。
風船をふくらまし、それにぺたぺた和紙をはったり色を塗ったりして乾かして1日後ぐらいに風船を割り、型をぬくとできあがる。子どもたちが制作する数はおよそ90個。子どもたちも集中して作って、根気よく完成させた様子。すごいと思う。
キャンドルをともせば優しい光で、たくさん並べばさらにとても素敵になるはず。

そして今日も夜な夜な我が家でも灯明づくり。数がたくさんあったほうがいいから、我が家では今週ずっと灯明づくりが続いている。

そんな中、今日は我が家にも鬼がやって来て、娘と私が必死に退治して福を呼び寄せた。
今日は善光寺さんでも豆まきがあり、たくさんの人がいらっしゃったようだ。
こういった季節の催しものが多いと、やっぱりうれしい。
次は灯明まつり。
子どもたちの作った灯明は、どんな姿を見せてくれるんだろう。とても楽しみ。

子どもたちの出来上がったものは、最終的には西方寺さんから中央通りに抜ける道(途中に豆蔵さんがあります)に並びます。
詳細はまたブログでお知らせしますが、ぜひ見てみてくださいね。

a0162646_2256422.jpg

灯明に塗る色を調合していたと思ったら、2階に突然現れた鬼(笑)
a0162646_22565511.jpg
a0162646_2257826.jpg

  表情が読めない福(笑)
a0162646_234303.jpg

 光を見て、こころを落ち着かせる 鬼はもういない ホッ それにしても強烈な鬼だった(笑)
by cafe_mazekoze | 2011-02-03 23:10 | マゼコゼなこと | Comments(4)
Commented by leciel-bleu at 2011-02-04 09:26
うちの1号が昨日話していました。
見に行くの楽しみだけど、見つけられるかな~。
Commented by 木綿子 at 2011-02-04 21:56 x
鬼、だいぶくつろいでいますね。
追い出さなくてもよさそうな感じが漂っています。
Commented by cafe_mazekoze at 2011-02-07 11:32
leciel-bleuさん、見つけられましたか?キャンドルの番人で昨日も行ってきましたが、とってもきれいでした。
Commented by cafe_mazekoze at 2011-02-07 11:34
木綿子さんのところは鬼来ました?
我が家の鬼は、たしかにかなりくつろいで全然動じない鬼でした。(笑)
一方、福のほうはキャピキャピで元気いっぱいに走り回ってました。(笑)木綿子さんとこの鬼はどうでした?
<< 明日から わらべうたの時間 >>