マゼコゼ日記

           ◆◆◆  MAZEKOZE  ◆◆◆

                 May 2017

a0162646_11251796.jpg


         本と犬とロケットストーブと雑貨とアート

   信州 善光寺の もんぜんまち …表参道大門交差点から西へ2本目の路地裏。
一昔前まで問屋さんの倉庫として使われていた蔵づくりの建物がMAZEKOZEです。 
MAZEKOZEの看板目指して、路地裏を散策してみてください。番犬ピスと一緒に、ご来訪お待ちしております。

     ○  マゼコゼ日記 最新の記事は 下 ↓ にあります。 


     ○   RIKI-TRIBAL代表 小池マサヒサによるBlog
              美学創造舎マゼコゼ日記 はこちら

 マゼコゼでは古本、雑貨の販売、ワークショップ、展覧会を中心に行っております。お散歩がてらぜひお出かけください。
 
         2017年よりオープン時間が変わります。
            11:00ー17:00 open
      5月14日は、お休みとなります。よろしくおねがいします。
        
         〒380-0843 長野県長野市長門町1076-2
               tel:026-225-9380
             cafe_mazekoze@yahoo.co.jp
**********************************************
              
               次回の展覧会

若林奈央子 まぜこぜな器たち
6月1日~18日(期間中3,4,11日お休み)
11:00ー17:00 open

前回の「100景 茶碗」から今回の展示「まぜこぜな器たち」。今回はお茶椀だけでなく,お皿やカップ様々なものが並びます。是非おでかけくださいね。


a0162646_11142382.jpg
   

***********************************************
      
            本ができました!!! 
     
a0162646_20514547.jpg


四辻藍美 「一本の縄から始まる」 の本ができあがりました。見応えたっぷりの本。
四辻藍美さんのアイヌ刺繍の作品集。マゼコゼでも販売しております。
ぜひ手にとって、ごらんください。
四辻藍美
「一本の縄からはじまる」 
定価2500円

配送ご希望の方は、ご連絡くださいませ。

*******************************************
     
             坂野知恵さんとわらべうた

a0162646_14542163.jpg

いままでもずっとマゼコゼにて「わらべうたの時間」をもうけてきましたが、今年から少し形態をかえて「わらべうた」を皆で楽しんでいけたらと思います。
まずは、第一回目の「わらべうた倶楽部」。わらべうた倶楽部とは、大人だけで2時間みっちり歌ってみたり、実験してみたり、情報を交換してみたり。かなり密にわらべうたを楽しもうというワークショップです。資料代、飲み物代こみで2000円。お腹がすいちゃうかもというかたは少しおにぎりなどを持参していただいて、じっくりわらべうた。マゼコゼでは初のこころみです。お気軽にご参加ください。

5月17日の時間は昼の部10:00−12:00、夜の部は18:30-20:30。どちらも参加費は各2000円となります。予約制となりますのでご興味あるかたは、
cafe_mazekoze@yahoo.co.jp まで。もしくはお電話026.225.9380まで。

そして、翌日の5月18日は今までどおりの「わらべうたの時間」を開催します。
10:00-10:50 大人の部 参加費1500円
11:00−11:50 親子の部 参加費1000円
なお、大人の部参加のかたは、ひきつづき親子の部も参加いただけます。
こちらも、予約制となっております。ご興味あるかたはメールもしくはお電話ください。よろしくおねがいします。



***************************************************** 

◆◆マゼコゼ日記◆◆
 カフェマゼコゼ管理人 小池つねこ  による日記。
“いま大切に感じていること” “いま伝えたいこと” を気まぐれに書いています。
            新しい投稿記事は、このページ下にあります。


*************************************************** a0162646_20541474.jpg  ◆RIKI-TRIBAL ~ Sustainable Art Works
リキトライバルは私達の屋号…活動名称です。
Sustainability(持続可能性)をテーマに、 マゼコゼの運営をはじめ、アートワークショップ、アートワーク、オーダーメイドによるものづくり、店舗・住宅・庭などのデザイン設計施工、給排水設備工事…などなど、なんやかんや あれこれやっております。
CafeMAZEKOZEの隣がアトリエです。アートに関すること、つくることに関しての相談・質問など、なんでもお気軽にお声をおかけ下さい。

      
*****************************************************
  ::::::::::::::協力者求む::::::::::::::
           絵本とArt&いろいろ…まぜこぜなカフェ
   『 MAZEKOZE から、Picturebook.MAZEKOZEへ』
         
 マゼコゼの1階部分を、絵本が見れるCafe&絵本や本やArtの展示や販売
  &アートワークショップなどができるようにしたい…と思って準備を始めました。
  
  Picturebook.MAZEKOZEへの協力者を広く求めています。
        私たちの活動にご興味ある方、ぜひお声をおかけください。

*****************************************************   

お問い合わせはcafe_mazekoze@yahoo.co.jp

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-09-01 14:42 | カフェMAZEKOZE | Comments(0)

展覧会から展覧会へ

先日、みなみじゅんこさんの「のはらもよう・絵本展」が終わり,6月1日からは若林奈央子さんの「まぜこぜな器たち展」が始まる。

みなみさんの絵本を見ながら若林さんのカップでお茶を飲む。ちょうど展覧会のバトンタッチのよう。
今日はお茶だけでなく,若林さんのお皿でお菓子もいただく。
みなみさんの絵本をぱらぱらめくる。

絵本は自分と向き合うには一番いいお医者さん。
自分が何を大事にしているかよくわかる。

いろんなことを教えてくれたみなみさんの展覧会。日々みつめているものが急に輝きだしたり、大事に思えたり。

そして、つぎの展覧会は若林奈央子さん。
控えめだけど,しっかりと丁寧な手仕事を感じさせてくれる彼女の陶器。
いろいろな器がならびます。是非見にいらしてくださいね。

若林奈央子
まぜこぜな器たち

6月1日~18日 11:00ー17:00 open
期間中3,4,11お休み

a0162646_1992373.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-05-25 17:19 | Artなこと | Comments(0)

本ができあがるまで

四辻藍美さんのアイヌ刺繍の本「一本の縄から始まる」が出来上がった。

長野のメンバーが中心となって作ったこの本。
藍美さんは、毎年マゼコゼでの展覧会のDM写真を撮ってくれている夏海ちゃんに,この本に載せる写真を全部撮ってもらいたいと最初に言っていた。
その希望が一本の縄となって,この本が最終的に出来上がったんだと本を手にしてつくづく思う。

モデルになってくれた仲間は、マゼコゼに普段からよく集まってくれている人々。そして自分もモデルとしてうつっている。
藍美さんのアイヌ刺繍は優しい。この本を見ていて本当にそう思う。包み込むような優しさに満ち溢れている。

雪のなかで藍美さんのアイヌ刺繍の着物をまとう。

 upas  アイヌ語で雪

u はアイヌ語で互いにという意味で pasはアイヌ語で走るという意味。

雪は天から競争して村へ遊びにくるとアイヌは考えていたと聞く。
そんな風に考えられるアイヌの人たち。その感性に少しでも近づきたいとこの本を作りおえて深く思う。

また雪がふる時期が来たら,この言葉を思い出す。
競争して遊びにきてくれた雪と今年はたくさん遊びたい。

a0162646_23521100.jpg

a0162646_2353622.jpg
a0162646_2354941.jpg
a0162646_236273.jpg

a0162646_002897.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-05-06 23:10 | お知らせ | Comments(0)

絵本の魅力

4月17日から始まる、みなみじゅんこ のはらもよう・絵本展。
彼女の今まで出版されてきた絵本の原画や、彼女の手作りの一冊の絵本たち。
そして、のはらもよう。

マゼコゼ2階では、いろんな虫たちやお花たち。木々やブランコ、こどもたち。マンボーにカニさんたちが動めいています。
みなみさんの絵本を見ていると、みなみさんがコロボックルになっていろんなものを見て描いているような気になってきます。
いろんな生き物が、元気よく今日も生きている。

毎日、毎日、普段とかわらない一日のような気がするけれど、ちょっと違う、なんだか違うように見えるって感じることができる。
私は展示を手伝いながら、みなみさんの絵本の魅力はそんなところにあるんじゃないかなと感じました。
みなみじゅんこさんの展覧会。ぜひおでかけくださいね。


みなみじゅんこ のはらもよう・絵本展
4月17日~5月20日(期間中、4月23日、30日、5月3日、4日、5日、6日、7日、14日お休み)

期間中の5月16日は「のはらもよう(ロゼット)をつくろう」のワークショップも開催します。
参加費1500円(材料費込み)1:00ー3:00ぐらいまで。
定員6名 要予約となります。
途中、絵本ライブもあります。
 
お楽しみに~。

a0162646_21181256.jpg
a0162646_21184575.jpg
a0162646_2119880.jpg
a0162646_2123573.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-04-16 21:36 | Artなこと | Comments(0)

衣装

カザフ模様が一面に施された衣装。
袖をとおしてみると、意外としっくりくる。
気持ちが高揚する。
アイヌの着物を着せてもらったときもそうだった。
ウエディングドレスを着た時もそうだったなと、ふと思い出す。
そんなふうに、この衣装を手にとると、その時のことを思い出すって素敵だと思った。

覚書

a0162646_1421037.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-03-18 14:22 | Artなこと | Comments(0)

民族

今日はカザフ刺繍のワークショップがマゼコゼであった。カザフ刺繍のワークショップから見えてくるカザフ族という民族像。刺繍に現れる羊の角や腎臓。カザフ遊牧民にとって、羊は財産であり、経済力を図る指標でもあり、たくさんの羊に囲まれた豊かな暮らしを願って、羊の模様を刺繍にほどこすと今回ワークショップの講師の廣田さんが話してくれた。
モンゴルに暮らすカザフ人。
刺繍を通して見えるその暮らしぶり。
そこには、本当の豊かさがみえて、ただただ羨ましいと思ったワークショップだった。
a0162646_22521923.jpg
a0162646_2254313.jpg

a0162646_2254576.jpg
a0162646_22571543.jpg
a0162646_2258690.jpg
a0162646_017582.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-03-11 22:58 | Comments(0)

カザフ刺繍

明日3月11日から始まるカザフ装飾展ー刺繍に込められた家族への思いー。
今回はモンゴルに暮らすカザフの女性たちが家族への想いを込めて作った装飾品を展示している。
今回の展示はNPO法人北方アジア文化交流センターしゃがあさんとの共催で、しゃがあさんの廣田さんにカザフの住居と装飾についていろいろ話をうかがっているとモンゴルへの憧れがどんどん増していく。なかでも、カザフの住居「キーズ・ウイ』は、フエルトの家のことで、その内部には常に様々な装飾が施され、今回もそういった装飾をマゼコゼに展示したのだが、その美しさは一言ではとうてい表現できない。

刺繍に込められた家族への想い。その想いをちょっと垣間見ることができる今回の展示。
ぜひおでかけ下さいね。

カザフ装飾展
3月11日~31日(期間中の日曜、月曜はお休み)
11:00ー17:00
なお11日は10:00からカザフ刺繍のワークショップを開催しています。(予約制)

たくさんのご来場おまちしてます。

a0162646_215202.jpg

a0162646_22205137.jpg


a0162646_21542865.jpg
a0162646_21545711.jpg
a0162646_2156645.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-03-10 21:52 | お知らせ | Comments(0)

mazekoze

今年に入り、マゼコゼの形態が少し変わりました。オープン時間が11時からと1時間早くなり、終わりの時間も5時までと1時間早くなりました。そして、造形教室つちくれが今月一杯でおしまいとなることになりました。お知らせがぎりぎりになりすみません。しばらく野々ちゃん先生はお休みとなりますが、またいつか再開できるといいなと思っています。また、みんながのんびりわらべうたは本年度残すところ3月までとなり、その後はまた違った形で展開していく予定です。

今後新しく今年から始めることもいくつかあり、そちらはまた詳細きまりましたらお知らせする予定です。楽しみにしていてくださいね。
あっという間にまる7年たったマゼコゼ。今年から自宅とマゼコゼ(仕事場)を別にしました。ここのところ、この雪のなか通勤中です。といっても雪の日に歩いてきたのは数日ですが、気持ちのいい道のりです。
新しい展開をこれから考えつつ、どんな形をmazekozeで表現していけるかな〜と思っています。

これからもよろしくおねがいします。
a0162646_1644552.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-01-21 16:12 | お知らせ | Comments(0)

冬のうつわ

今日は雪が一日中ぱらぱらと。
雪が積もるといろいろ大変だけど、やっぱり雪がふるとテンションがあがる。
アダムさんのうつわは雪が似合う。
暖かい部屋で暖かい飲み物を飲むとき、暖かい食べ物を口にするとき、アダムさんのうつわがあるときっといい。
暖かい料理をつくるとき、ゆっくりゆっくり作るとき、アダムさんの調理器具がしっくりくる。
オーブントースターでパンを焼くより、スローベーカーであたためたほうがずっとおいしい。
オーブントースターの早さについていけないパンは、スローベーカーの中であたためてあげれば、ゆっくりあたたまり、もちもちになる。早さについていけないのは人間だけじゃないんだって、スローベーカーが教えてくれた。

そんなスローな生活を教えてくれるアダムさんの器たち。私は結構いろいろ教わっています。
展覧会は31日までやってます。
a0162646_22514397.jpg
a0162646_2252478.jpg
a0162646_22524194.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2017-01-12 22:55 | お知らせ | Comments(0)

フィンランドの森

フィンランド。
行ったことはありません。
かもめ食堂は見ました。
マリメッコは好きです。
ムーミンも好きです。
ヒンメリは作ったことがあります。
最近買った雑誌coyoteのサウナ特集は読みました。

今回のmao aizawa まぜこぜ展の作品のタイトルの多くはフィンランド語でつけられています。今回の展示はフィンランドの森のイメージってmao ちゃんが言ってました。

このごろ森に行っていない私はこのところ展覧会の森で楽しませてもらっています。
深い森の中の白い雪の中に埋もれて、深呼吸したいです。一足早く、そんな森に簡単に行けるmao ちゃんの展覧会です。

山のほうは、そろそろ雪ですね。きっと素晴らしく綺麗ですね。山に行けないかた、ぜひ展覧会見にいらしてください。
a0162646_21285347.jpg



a0162646_21305998.jpg
a0162646_21311966.jpg

[PR]
# by cafe_mazekoze | 2016-12-07 21:33 | お知らせ | Comments(0)