<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

衣装

カザフ模様が一面に施された衣装。
袖をとおしてみると、意外としっくりくる。
気持ちが高揚する。
アイヌの着物を着せてもらったときもそうだった。
ウエディングドレスを着た時もそうだったなと、ふと思い出す。
そんなふうに、この衣装を手にとると、その時のことを思い出すって素敵だと思った。

覚書

a0162646_1421037.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-03-18 14:22 | Artなこと | Comments(0)

民族

今日はカザフ刺繍のワークショップがマゼコゼであった。カザフ刺繍のワークショップから見えてくるカザフ族という民族像。刺繍に現れる羊の角や腎臓。カザフ遊牧民にとって、羊は財産であり、経済力を図る指標でもあり、たくさんの羊に囲まれた豊かな暮らしを願って、羊の模様を刺繍にほどこすと今回ワークショップの講師の廣田さんが話してくれた。
モンゴルに暮らすカザフ人。
刺繍を通して見えるその暮らしぶり。
そこには、本当の豊かさがみえて、ただただ羨ましいと思ったワークショップだった。
a0162646_22521923.jpg
a0162646_2254313.jpg

a0162646_2254576.jpg
a0162646_22571543.jpg
a0162646_2258690.jpg
a0162646_017582.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-03-11 22:58 | Comments(0)

カザフ刺繍

明日3月11日から始まるカザフ装飾展ー刺繍に込められた家族への思いー。
今回はモンゴルに暮らすカザフの女性たちが家族への想いを込めて作った装飾品を展示している。
今回の展示はNPO法人北方アジア文化交流センターしゃがあさんとの共催で、しゃがあさんの廣田さんにカザフの住居と装飾についていろいろ話をうかがっているとモンゴルへの憧れがどんどん増していく。なかでも、カザフの住居「キーズ・ウイ』は、フエルトの家のことで、その内部には常に様々な装飾が施され、今回もそういった装飾をマゼコゼに展示したのだが、その美しさは一言ではとうてい表現できない。

刺繍に込められた家族への想い。その想いをちょっと垣間見ることができる今回の展示。
ぜひおでかけ下さいね。

カザフ装飾展
3月11日~31日(期間中の日曜、月曜はお休み)
11:00ー17:00
なお11日は10:00からカザフ刺繍のワークショップを開催しています。(予約制)

たくさんのご来場おまちしてます。

a0162646_215202.jpg

a0162646_22205137.jpg


a0162646_21542865.jpg
a0162646_21545711.jpg
a0162646_2156645.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-03-10 21:52 | お知らせ | Comments(0)