<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

優しい関係

サガンの小説に「優しい関係」という題名のものがある。
最初に手にしたのは私が大学生のころで大好きな1冊だ。このところ、この小説のことをよく思い出す。

先日マゼコゼで開催したわらべうたや絵本の会、そしてただ今開催中のアダムさんの展覧会、どれも「優しい」という言葉が似合う。
自分が優しい気持ちになれる時間は自分自身にも優しくなっている時であって、ある種の心地よさを感じる。
マゼコゼで何かをやるときの基本は、そんな時間をみんなで共有したいという気持ち。
それは、何年も変わらない。

今年の夏も、そんな気持ちを持ち続けていきたいなと願った夏。そろそろ秋がやってくる。

a0162646_13315067.jpg
a0162646_13322530.jpg
a0162646_13342164.jpg
a0162646_13345635.jpg

a0162646_13395089.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2016-08-27 13:41 | Artなこと | Comments(0)

RIKI TRIBALのワークショップ

a0162646_16131326.jpg
昨日、フリースクール「みんなのがっこう」のサマープログラム「アースバックハウスをつくろう」のワークショップがありました。
「みんなのがっこう」では、小池雅久が講師で今年度家づくりの授業を受け持っています。今回はがっこうの生徒さん親御さんだけでなく、サマープログラムとして外部からの参加も募るワークショップでした。
小池雅久の仕事の屋号RIKI TRIBAL。マゼコゼもRIKI TRIBALのひとつの事業としてずっと運営しています。RIKI TRIBALとして、いままでに子どもと一緒に何かを作るワークショップを100回以上は既にやっていると思うのですが、家や小屋、シェルター、基地などを作るワークショップは千葉のアンデルセン公園子ども美術館や岩手の森と風の学校など。長野ではそういえば、あんまり、いや全然やっていないなとふと昨日私も参加をしながら思っていました。

昨日は、アースバックをまずつくるところからやったのですが、シャベルで土のう袋に土をつめ、たぶん30キロぐらいの袋になったものを並べていく。そして、それをならして鉄線をひいていって、もう一段積んでの繰り返し。
子どもたちは、無心で土を袋に詰めていく。その姿が頼もしいと思うと同時に、みんながこんな感じで協力していろんなことができたら未来は明るいなと感じたり。

人が生きていくうえで大事なことってなんだろう?って、昨日のうだるような暑さの中もうろうとしながら考えた一日。
そしてまだまだ授業は続きますが、こういった公開のワークショップどんどんやっていきたいなと思った一日でした。
a0162646_16243480.jpg

a0162646_1626666.jpg
a0162646_162656100.jpg
a0162646_16275096.jpg
a0162646_1629085.jpg
a0162646_162926100.jpg
a0162646_1630642.jpg
a0162646_1632363.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2016-08-08 16:38 | マゼコゼなこと | Comments(0)

アダム スミス「夏の器」展は今日から

本日からアダムスミス「夏の器」展始まります。
今回の展示は夏向けの陶器が並んでいます。
Botijiという新作のピッチャーが今回特におすすめ。
もともとスペインなどで冷たいお水の温度をキープしたまま食卓に置くことができるピッチャーのBotiji。
形もかわいいし、見た目も涼しげです。
他、ビール用のカップや、お刺身を盛ると美味しそうだな〜というお皿や、陶器のスピーカーなど並んでいます。
そして、値段もちょっとお得な価格になっています。
ほしい方はお早めにおでかけくださいね。
ご来訪おまちしてます。
a0162646_9255428.jpg
a0162646_9261132.jpg
a0162646_9262887.jpg
a0162646_9264691.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2016-08-08 09:27 | お知らせ | Comments(0)