<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

わらべうたライブ

11月7日にマゼコゼでは「坂野知恵&坂野いぶき わらべうたライブ」があります。ちょうど四辻藍美さんのアイヌ刺繍の展示真っ最中。そして、新しいCDを出したばかりの知恵さんといぶき君のライブ。とても楽しみです。
新しいCDにもでてくる「のりつけほほん」。「のりつけほほん」とは、長野市の鬼無里というところでフクロウのことを「のりつけほほん」というそうで、そう言われればフクロウは「のりつけほほん」と泣いているのです。(You Tube で発見。)
今回の四辻藍美さんのアイヌ刺繍のなかにも当然「のりつけほほん」は出てきます。
アイヌにとってはフクロウは守り神。アイヌの森の中で、わらべうたライブ。きっと素敵です。
ぜひ、ご参加くださいね。

 坂野知恵&坂野いぶき わらべうたライブ
 11月7日(土) 午前10:30より開演(開場10:00、終了11:30予定)
 参加費 1500円(飲み物付き)
 
お問い合わせ&ご予約はcafe_mazekoze@yahoo.co.jp
a0162646_1345473.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-29 13:47 | お知らせ | Comments(0)

鯨のお腹

四辻藍美さんのアイヌ刺繍展「一本の縄から始まる 2015・秋」が始まって約一週間が経ちました。今回の藍美さんの展示は例年通り小池雅久が展示しましたが、今回展示されている作品を寝そべって見ていると、なんだか海の近くにいるような気分になってきます。そして、だんだん鯨のお腹の中にいるような気分に。
まるでピノキオになった気分ですが、やわらかい曲線のなかに囲まれて海の中にぷかぷか浮かんでいるような気分になってくるので不思議です。
毎回展示の仕方で見え方もずいぶん違うのですが、何回か四辻さんの作品をマゼコゼで見ている人たちが今年は作品がとっても柔らかい感じがするねという方が多く、私も今回同じように感じます。
トンコリの音が階下から聞こえてくると、あ~陸地に近づいてきたのかな~と鯨のお腹の中で思う展覧会。
展覧会にいらっしゃった方は、ぜひ寝そべって見てください。
海の中にいるような気分になれますから。
展覧会は11月16日まで。期間中のお休みは11月1日と10日です。14日と15日はワークショップがあります。ご希望の方は、ご連絡ください。ご来訪おまちしてます。

a0162646_21552250.jpg
a0162646_21555368.jpg

a0162646_21595679.jpg
a0162646_2201697.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-24 21:58 | Artなこと | Comments(0)

命の木

四辻藍美さんの作品のなかに「命の木」という作品がある。
2011年の震災が起こったあと、藍美さんが最初に作った作品。
この作品を見ると、心の中にポッと火が付いたみたいに温かい気持ちになる。

土の中からしっかりとたっている命の木。
「命の木」は、堂々としているけど優しくすべてを包み込むような木。この木のそばにいると心落ち着く。
震災で亡くなられた人々、いまだ行方不明の人々、残された家族。すべてを包み込んでくれる命の木。
なぜかこの作品の前では手を合わせたくなる私だけど、その思いは年々強くなる。命の尊さがちょっとはわかるようになってきたからなのか、2011年には自分の父も含め大切な人が何人か亡くなった。
何か大きなものに自分も守られているんだと思いたい気持ちがだんだん強くなる。
藍美さんのアイヌ刺繍、それは自分も守られているんだと思わせてくれるほど優しい力で満ち溢れている。

a0162646_22194118.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-20 22:22 | Artなこと | Comments(0)

四辻藍美 アイヌ刺繍展「一本の縄から始まる 2015年・秋」始まりました

今年も、四辻藍美さんのアイヌ刺繍展がマゼコゼで始まりました。細かい手仕事の美しさにすごいな~といつも思うのと同時に一点しあげるのにどれぐらいの時間がかかっているのだろう?といつも思います。
人の手ってすごいんだなっていつも思うけど、今日は作家の藍美さんと前回展示してくれた野々ちゃんとバネ指の話をしていて、藍美さんも針仕事で指を使いすぎてバネ指になると言っていて、野々子さんもヒンメリを作っていた時にバネ指になったと言っていたので、そういえば私もプランターコテッジで土壁を毎夜毎夜塗っていた時に、朝起きるとコテを持った状態の指になっていて、一本ずつほぐさないとまっすぐに指がならなかったことを思い出しました。
手が覚えてるってよく言ったものだと思いますが、意図してできるものでなく無心に同じ作業を繰り出来上がっていくもの、手が自然に動くっていうようなこと。そこには時間が凝縮されていて、人の温かみや優しさというようなものが作品から伝わってくるなと思います。展示は11月16日までやっております。是非四辻さんのアイヌ刺繍見にいらしてくださいね。
a0162646_21474477.jpg
a0162646_21475867.jpg
a0162646_2148987.jpg
a0162646_21482671.jpg
a0162646_21485734.jpg
a0162646_21491532.jpg
a0162646_21523136.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-19 21:57 | Artなこと | Comments(0)

雪景色

季節のめりはりがある長野。
東京に住んでいた時は季節がかわるときをはっきりと感じることは少なかったけど、長野にきてから昨日から季節が変わったなとか、はっきりわかったりする瞬間があって、長野ってはっきりしてるな~と驚くことがある。(笑)
そんな長野に育った野々子さんだからか、彼女が描く絵は季節がうきあがってくるような絵が多い。
今回の雪景色の作品をみた人は、「あ~、こんな感じですよね。冬の森の中」という人が多い。
絵本の1ページのような作品の中で過ごす時間は、贅沢な時間。ゆっくり作品の中に入っていってください。
展覧会中は無休です。14日までやっておりますので、ぜひお出かけください。ヒンメリワークショップは10、11、12日です。詳細はマゼコゼまでお問い合わせください。
a0162646_17303766.jpg
a0162646_17304992.jpg
a0162646_1731071.jpg
a0162646_17312014.jpg
a0162646_17315475.jpg
a0162646_1732789.jpg
a0162646_17321732.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-02 17:36 | Artなこと | Comments(0)

ひかり

小林野々子展「絵の中のひかり麦わらのひかり」が今日から始まりました。
いろんな物語が聞こえてきそうな展覧会。
新作の大作の世界は冬。
冬の少ない光のなかでヒンメリの麦わらがきらきらしている。そんな物語を想像しながら絵の世界にどっぷり浸る。あー気持ちいい。
展覧会は14日までやっております。期間中の10日、11日、12日はヒンメリワークショップもあります。予約制となっております。ご興味あるかたはマゼコゼまでご連絡ください。
a0162646_16333158.jpg
a0162646_16334124.jpg
a0162646_16341424.jpg
a0162646_16342410.jpg
a0162646_16343472.jpg
a0162646_16344524.jpg

a0162646_16375880.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-10-01 16:38 | Comments(0)