<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

森フェス in 菅平高原

今週末28日(土)と29日(日)は菅平高原にて森フェスがあります。
a0162646_2257616.jpg

小池雅久は今回TLUDのワークショップをやりますが、今回はMountain tribes without bordersという名称で出ます。以前からMountain tribes without borders(国境なき山の民)という名前でいろいろやりたいねという話は仲間とでていたのですが正式に今回はこの名称でワークショップをやります。TLUD(ウッドガスストーブ)のワークショップ。
山の民になった気分で松ぼっくりなどの燃料で山の途中でお湯をわかしお茶を飲む。
気分はシェルパさん。
山登りの時にも、そんなことができるTLUD。作りながらTLUDのしくみを解説します。詳細は下記の通りです。

6月28日(土)29日(日)両日とも11:00-12:30の部と13:30-15:00の部。定員各6名。
参加費3500円(材料費を含む)*作ったTLUDはお持ち帰りいただけます。

予約は必要ありません。当日受付となります。ご興味ある方、ぜひご参加くださいね。
森フェスの詳細はこちらhttp://shinshumorifes.web.fc2.com/
[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-06-26 23:02 | お知らせ | Comments(0)

学びの場

今月から野々子さんの造形教室「つちくれ」が始まり、来週からは浅野くんの「味わいゼミ」が始まる。ほかにも来週はサイエンスカフェがあり。。。と美学創造舎の教室がマゼコゼにて始まった。
まだまだ手探りな状態なので、この後どんなふうになっていくのかわからないけれど、とにかく動きだした。夫の倉庫?のようになっていたアトリエを美学創造舎の教室に使おうと改装した。

娘が小学校6年生になり、学校での勉強もずいぶんむずかしいことを習うようになったんだと先日の授業参観で思った。まわりからも中学受験などという言葉を聞き、多くの子どもたちが放課後も学習塾や習い事で忙しいらしい。
周りの子どもたちを見ていると本当に忙しそうで、長野市の中心地に住んでいるからかもしれないけど子どもは大人以上に忙しい。そして、小さいうちから忙しいというのはどうなんだろうか?という思いがいつも私の頭の中にはある。すでに世の中のペースについていけてない両親を持った我が家の娘は、かなりスローな両親にあわせていると学校でのペースにあわなくなってくるのでバランスをとるのが大変そうなのは私も知っている。

さっささっさというのが無理な、ちんなんもう(かたつむり)の夫と私。
さっささっさといくと大事なものがどうしても見えてこないと思っていて、ゆっくりいきたいと思うけど、そのペースが世の中の動きと比べると雲泥の差で。。。

そんなこんなで前置きがながくなってしまいましたが学びの場の美学創造舎マゼコゼは、その中間ぐらいのペースでやっていけるといいなと勝手に思っているのでありますが、ご興味あるかたは是非一度参加してみてくださいね。
a0162646_10143972.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-06-13 10:17 | Comments(0)

絵を着てみる

ただいま開催中の「大ナゴヤ展」。洋服を作っている作家さんが何人かいらっしゃるのですが、どの作家さんも洋服のラインや刺繍など、いろんな意味で絵のような洋服が多い。

その中でも丹下幸江さんの服はまさに絵だな~と思う服が多くて、いろいろおもしろい。着てみるとラインもいろんな形になっていて、楽しい。写真ではうまくニュアンスが出ないのだけど、こんな感じ。↓ 
大ナゴヤ展は7日まで。5日は申し訳ありませんがお休みです。
ぜひ見にいらしてくださいね。

a0162646_11532868.jpg
a0162646_11531951.jpg
a0162646_1153671.jpg
a0162646_11525520.jpg
a0162646_11524635.jpg
a0162646_11523738.jpg
a0162646_11522990.jpg
a0162646_11521990.jpg
a0162646_11521048.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-06-03 11:56 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

「読書の森」へ

昨日&今日の2日間、マゼコゼをお休みにして読書の森に出かけていった。
「原発被災地になった故郷への旅」の上映会と作家さん志賀泉さんのトークがあったのと、「愛しの小屋展」が最終日だった。

上映会で考えさせられたことは様々だと思うけど、作家さんも参加者も読書の森という空間で同じ時間を共有できたこと。夜の上映会と変わって朝のまぶしい光のなかヤギやロバの声をききながら、どうらくオルガンからも音楽が流れてきたり、ある人は木陰で休み、ある人はおいしいものを食べ、みんなこうやって生きているんだなと感じる時間。なんて素敵なところなんだろうとつくづく思った。
今回どうらくオルガンを初めて居合わせた人たちと一緒にひかせてもらった。
生き物のようなオルガン!
こんな経験は初めてで、自然と音が溶け込んでいて本当に綺麗だった。

あー、愛しの「読書の森」。
帰ってきたばかりなのに、また行きたい。あこがれの場所である。

a0162646_20202511.jpg
a0162646_201941100.jpg

読書の森へ出かける前に作ったサンドイッチ。なんだかいいことありそうな顔。
a0162646_2039253.jpg

a0162646_2018162.jpg
a0162646_2018456.jpg
a0162646_20174983.jpg
a0162646_20173649.jpg
a0162646_20171727.jpg

a0162646_20395320.jpg

a0162646_2017048.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-06-01 20:23 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)