<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ストーリーのある作品

ただいまマゼコゼで展覧会中の直井さんの写真とMihoさんの手ごね石鹸。
二人の作品から伝わってくるストーリー。作者がつくったものから何を感じ取るとるかは本当に人それぞれだけど、Mihoさんの石鹸も直井さんの写真も力強い不思議なパワーを与えてくれる。

Mihoさんの石鹸は使っていると、なんとなくホメオパシーと同じ感覚に陥る。
成分も鉱物、植物、波動水など。
世界中の昔から伝わるおばあちんの知恵や、民間療法の考えを基に石鹸を作り上げているとMihoさんも言っていたけど、人間がもっているパワーをなんとなくちょっと揺すぶってくれる写真と石鹸。

さりげなく、すごーいパワーをもっている作品たち。
まるで大きな木のようだなと感じる展覧会。
展示は5月6日までやっております。ぜひお出かけください。

a0162646_21565418.jpg
a0162646_2156728.jpg
a0162646_21544443.jpg
a0162646_21541542.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-04-26 21:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(1)

ストーリーで綴る二人展

昨日から始まった写真家・直井保彦&手ごねせっけん作家・Mihoの「ストーリーで綴る二人展」。

初めて直井さんの写真に出会ったのは「カンタ・ティモール」の映画を見に行ったとき。
映画館の渡り廊下のようなところに映画に登場する人物や風景の写真が展示してあって、その写真の力強さに一瞬ドキッとした。そして、その写真を撮ったのが直井さんだった。

そのあと、直井さんと直接会う機会がありマゼコゼで展覧会をしてもらえることになった。そして直井さんが提案してくれてMihoさんとの二人展となった。
マゼコゼでの展覧会の初日は、直井さんとMihoさんのトーク、そしてMihoさんがメンバーでもあるKURIのライブがあった。そして、直井さんの今回展示してある写真が撮られたフィリピンのコーディレラ地方の山岳民族がつくっている有機コーヒーの出店などもあった。
今回はいろんな偶然が重なった。夫と私の中では縁のある土地ばかりが今回の展覧会とつながっている。

今日は展覧会二日目。

気持ちは今日もフィリピンのコーディレラ地方でコーヒーを飲んでいる気分。フィリピンに行った時に入ったツリーハウスのようなカフェを思い出す。時折、レモングラスやセージの香りが石けんから漂う。かかっている音楽はKURIが演奏するアイルランド民謡の「バタフライ」。
そんな、贅沢な山の香りを感じられる展覧会。5月6日まで開催しております。

a0162646_2325448.jpg
a0162646_2324417.jpg
a0162646_2323263.jpg
a0162646_2322278.jpg
a0162646_2314619.jpg
a0162646_2313651.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-04-20 23:07 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

グラン・ブルー

マゼコゼでただいま展示中の野々子さんの作品を見ていると、いつもその絵の世界に吸い込まれそうになるけど、その理由は彼女の使う色使いなんだと思うようになった。

野々ちゃんの使う色は深い。
特に青の色使いが私は彼女独特だといつも思う。
特別の絵の具を使っているわけではないけれど、とにかく色が深い。ブルーでもグランブルー。
深海の青。どこまでも深いブルー。
長野に引っ越してきてから初めて日本海側の海に行ったとき海の色がうすいと感じた。私は実家が三重県なので小さい時は志摩方面に泳ぎに行ったりしていて、海の色はとてつもなく青かった印象がある。

グランブルーという映画を見たとき、その青の深さが心地よかった。夜明けの青も好き。
そして、野々ちゃんの青が私は好きだ。そんなことを今回の展示でまた再確認。
展覧会は15日までです。是非おでかけください。
a0162646_15231826.jpg

a0162646_15193696.jpg
a0162646_15192532.jpg
a0162646_15181771.jpg
a0162646_15161214.jpg
a0162646_1516032.jpg
a0162646_1515502.jpg
a0162646_15153883.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2014-04-02 15:24 | Artなこと | Comments(0)