<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

四辻藍美さんのアイヌ刺繍ワークショップ

四辻藍美さんのアイヌ刺繍展、今年も11月1日から22日まで開催します。
展覧会の詳細は、また後日お知らせするとして、ワークショップのお知らせをさせていただきます。

●アイヌ刺繍ワークショップ

11月1日、2日、3日の1時から3時まで。料金は1回につき1500円。
持ち物は、針、はさみ、アイヌ刺繍したいもの(ハンカチなど)です。

予約制となっていますので、絶対今度こそは行きたい!という方は今から予定しておいてくださいね。
楽しみですね。
a0162646_1631020.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-30 16:05 | お知らせ | Comments(0)

森案内

「森案内」「あの樹に会いに行く」の著者の細川剛さん。夫が細川さんと出会ったきっかけは岩手の森と風のがっこう。今回「しののいまちの教室」の講師として長野にきていただいて、私は初めてお会いすることができた。

ちょうど一年前に、夫が森と風のがっこうにロケットストーブのワークショップの依頼をうけて出かけて行った時の写真を見ていると、そこに映っているいる人たちは私はもしかして以前に会ったことあるかも?という人ばかり。
実際には会ったことがなかったものの、その人たちが書いた詩や文や写真と前から出会っていて、その詩や文や写真を通して私はその人たちと会った時に以前にどこかでであったことがあるような懐かしい気持ちに襲われる。

細川さんもその一人。今回長野で一緒にすごした1週間。
私の気持ちはもう森の中。
次回会った時は「あの樹に会いに行きましょう!」と言ってくれた細川さん。

あの樹。。。まだ会ったことがない「あの樹」。でももうすでに心の中にイメージがしっかりとできている「あの樹」。
いつか会えると思うと、心が躍る。
a0162646_22581383.jpg
a0162646_2258462.jpg
a0162646_22575554.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-26 22:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

21日

いろいろお知らせです。21日の9:30amよりテレビ信州にてリキトライバルの現在進行中の家づくりの特集の番組が放映されます。http://tsb.jp/satoyama/document/12.html?ref=nf

そして、同日は「しののいまちの教室」午後の授業で細川剛さんの授業があります。
小池雅久がコーディネーターのこの授業。「森案内」や「あの樹に会いに行く」の著者の細川剛さん。岩手から来てくれます。
森の魅力わんさかの授業。この日はしっかり森へと案内してくれること間違いなし。是非ご興味あるかたはご参加ください。
http://www.shinonoitowncampus.net

どちらも21日。是非、見たり、聞いたりしてみてくださいね。
a0162646_21294465.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-18 21:31 | お知らせ | Comments(0)

アドベンチャー

いま夫が関わっている「ずくなし建築プロジェクト」は、家づくりを通していろんなことを皆で考え、つくり、実践していくプロジェクトとして、ゆっくりながらも確実に動いている。
私もこのプロジェクトなるべく参加したいと思っていて、ミーティング以外で木の伐採作業の見学や昨日の木の皮はぎ作業に参加したりした。
a0162646_12324569.jpg


まわりを見渡せば、私の場合セルフビルドで家を建てた友達は3人いるけれど、最初から仲間と一緒につくるという家づくりは私の知っている限りでは今回が初めて。
毎週のミーティングから始まり、いろんな作業の見学に行く日や皆で作業を実践してみる日がこれからも続く。
セルフビルドで家を建てた友達の一人は自分の家づくりを他人に全てまかせるのは不安だと前に言っていたのが時々頭をよぎる。しかし、たいていの人は全て他人に家づくりはまかせてしまう。
実際、プロとアマの違いって何だ?って話も彼とはよくする。自分の感覚、決断に自信がもてれば、実際には何だってできる。でも、自分の感覚や決断に自信を持てる人はそうたくさんはいない。そんなことを考えると、仲間といろんな感覚を共有して、物事を決断していくというのは自分なんかに置き換えると、とても理想的だったりする。

自信を持つには勇気がいるし、その勇気を持つには周りの人の手助けが一番頼りになる気がする。
そんなことを毎回このプロジェクトで感じながら、ゆっくりゆっくり進んでいっているのが、すごく素敵だと思ったりしている。

a0162646_12301167.jpg
a0162646_1230327.jpg
a0162646_12292826.jpg
a0162646_12291756.jpg
a0162646_12284075.jpg
a0162646_12282766.jpg
a0162646_12281670.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-16 12:38 | 森とか山とか | Comments(0)

ランタン

昨日はマゼコゼ2階にてランタンづくり。

9月23日の長谷寺秋分祭で、光のマンダラ万燈会に灯すランタンづくりを行った。
フェイスブックでよびかけて、どれくらい作れるかわからなけど、まずはやってみようと、今回のリーダー枝ピース研究所の所長の指揮のもと、場所はマゼコゼで作るという運びになった。

以前、娘の学校で図工の時間を1時間やってみませんか?と、当時の娘の担任の先生が夫に言ってくれて、その時2年生だった娘の学年みんなで、このランタンづくりをやって、できあがった90個近くのランタンを灯明まつりの時に西方寺さんに飾らせてもらうという機会があった。
その時も作る過程もおもしろかったし、出来上がったランタンに灯がともった時とても綺麗で感動した。

今回、つくり手たちは大人。風船をふくらまして、和紙をちぎって風船にぺたぺた貼って彩色して、1日乾かした後に風船に穴を開けて空気をぬいて型をぬく。過程は全く難しくないけれど、意識的に、または無意識に彩色、細工したそれぞれのランタンは、まるでそれぞれ個性をもった人のようで、実際に全部並んで灯をともしたらどんなになるのだろうかと今からとても楽しみ。

a0162646_15235413.jpg
a0162646_1523451.jpg
a0162646_15231327.jpg
a0162646_1523346.jpg
a0162646_15225436.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-02 15:26 | Artなこと | Comments(0)