<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「父と暮せば」

本日のたなかぱんだの「父と暮せば」の朗読劇が終わった。本日来て下さった皆様、ありがとうございました。

暑い夏の時期での公演。マゼコゼの二階も暑い!

しかし、この時期の公演だからこそ、かつての日本の夏、原爆が落とされた夏、父親、母親と一緒に暮らした夏を感じてもらえるのではないかと思う。

公演は明日もあります。時間は4時開演(3時半開場)。まだ席に余裕がございます。
物語は戦争についての物語でもあり、親子の愛の物語でもあります。

お時間ございましたら、是非お出かけください。
a0162646_2318538.jpg
a0162646_2317562.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-07-27 23:18 | お知らせ | Comments(0)

共和りんご畑

この前の土曜日は「しののいまちの教室」の授業を受けに行った。この日の午前の部は夫がコーディネーター。夫が依頼した講師の方は山仕事創造舎代表の香山さん。そして授業のテーマは「山暮らし、まち暮らし」だった。
授業の会場は篠ノ井の町のなかで、それぞれコーディネーターが考え会場は授業によって様々。今回夫が選んだ場所は篠ノ井にある共和りんご畑。

今年の春、この畑にあるりんごの木の花摘みのお手伝いをさせてもらって、素敵な場所だな、りんごの花摘みは思った以上に大変な仕事だけど、なんだかいい感じだと思ったのが記憶に新しい。

そして、今回授業の開催場所となった『共和りんご畑』。りんご畑の持ち主のおじいちゃん、おばあちゃんはどこも高齢で後を継いでくれる人もなかなか見つからず、どんどんりんご畑は縮小傾向へ。

そんななかでの「山暮らし、まち暮らし」の授業が行われたことも意義のあることだったと思う。まちで暮らしているわたしは、山暮らしに憧れはあるけれど、車の運転はペーパーだしとか、人とまったく会わない日が続いて大丈夫だろうか。。。といろいろいままでも考えては、ずっと町での暮らしを選択してきた。
今回の授業を聞きながら、感じたこと。

もうちょっと、整理してからまたブログに書こうと思うのだけど、なんとなく先が見えたような気がした今回の授業は、自分にとってとても有意義でした。

つづく

a0162646_1893970.jpg

    我が家の犬は花つみにでかけた時、とても幸せそうでした
a0162646_1861190.jpg
a0162646_186122.jpg
a0162646_1855179.jpg
a0162646_1854137.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-07-25 18:12 | マゼコゼなこと | Comments(0)

7月20日は「しののいまちの教室」へ!

長野市篠ノ井という場所に「しののい まちの教室」という学びの場が誕生して、7月20日の土曜日には「しののいまちの教室」にて第一回目の授業が開催される。
午前中のコーディネーターは夫の小池雅久。
そして午前中の講座の講師は山仕事創造舎代表の香山由人さん。
テーマは『これからの仕事と暮らし』。
山村での仕事づくりを目指す香山さんの授業。私も気になるので受講を申し込みました。

先週、廃村になった村に住むお友達のお家をたずねました。彼のお家はセルフビルドで建てたお家ですが、2軒建てたうちの1軒が2年前の豪雪で屋根がくずれ、もう一度セルフビルで彼は家を建て直しています。
そんな彼は3人の子どもと奥さんと一匹のワンちゃんとセルフビルドで建てた家に暮らし、農業で生活を営み、ときどきライブや執筆をして暮らしています。お隣までの距離は7km。そして冬の間は豪雪のため、下の町に降りて暮らすという生活をもう何年もしています。
そんな彼のお家にお邪魔すると、1軒めのセルフビルドで建てた家に住みながら2軒めの壊れた家を一人で建てなおし、それでもなんだか本当に豊かな生活してるなーと思う自分は、やはり山には自由があって、自分もいつか彼のような自由が少しでも得られるのだろうか?と思ったりして、いろいろ考えてしまいます。

いま門前という町中に住む私は、今回のこの講座で少し自分の生活について考えが整理できたらいいなーと思って参加します。
もし、興味があるかたはhttp://www.shinonoitowncampus.net
のぞいてみてください。同日、午後には1166バックパッカーの飯室さんコーディネートの授業があります。
いろいろ面白い授業がありますよ。

a0162646_22134560.jpg


a0162646_22131665.jpg

廃村になった村にセルフビルドで家をたてた友達一家 キッチンにたつ娘さんもたくましい
a0162646_2213663.jpg

家具もお皿も全部手づくり
a0162646_22125672.jpg
a0162646_22124153.jpg

セルフビルド1軒めのおうち
a0162646_22123052.jpg
a0162646_22121572.jpg

2軒め廃材のパッチワークでつくられる家はかっこいい
[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-07-17 22:21 | お知らせ | Comments(0)

TLUDカフェ

この前の土曜日と日曜日、菅平高原で開催された森フェスに参加しました。

森のめぐみストーブという題名で空き缶を使ったTLUDストーブの制作実演。そしてTLUD倶楽部の仲間である枝ピースコーヒー&Ma2コーヒーのお二人がTLUDを使ってコーヒーを淹れてくれていました。

一般的にお店でコーヒーを頼んでテーブルにでてくるまでの時間って、どこまでだったら許されるのだろう?と私はつねづね思っているのだけど、タイの島ではテーブルにでてくるまで2時間ということはよくあったけど(たぶん忘れられていただけ 笑)日本では、どれくらいの人が、ゆっくり、スローに、その待ち時間を楽しんでられるのだろうと自分もカフェで普段コーヒーを入れているので、つい考えてしまう。

私たちのブースは、なんとなく難民キャンプみたいでもあり、かなり本物のスローカフェでもあり、誰がお客さんで誰が店の人かもわからないカフェでもあり、時間がかなりゆっくりと流れていたカフェ。

こんなカフェあったらいいなー。森で枝や松ぼっくりひろってきて、それを燃料にTLUDでお湯をわかして、コーヒーを入れる。

時間は、ゆっくりが原則。

そんなカフェ。

当然、儲かりません。(笑)
a0162646_1551429.jpg
a0162646_15513296.jpg
a0162646_15511838.jpg
a0162646_1551191.jpg
a0162646_15504551.jpg
a0162646_15502991.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-07-03 15:52 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)