<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

しめりけの森

小林野々子さんの展覧会は、いよいよ明日が最終日。
今回の展覧会は、野々子さんの描く森の中にいるような、そんな暖かい展示。

ちょうど、展覧会の始まる2日前。家の前で野良猫が車にはねられるに出くわしてしまい、その猫を助けたいと病院に連れて行ったものの、検査はできたけど野良猫のため触られるのを嫌がり、病院の先生もお手上げ。うちにつれて帰ってダンボールに入れて、箱の外から息を確かめ、お水を箱の横から穴をあけていれたりして、もうだめかなと様子をみていたら、翌日には自力で箱から出て行ってしまった。血まみれの野良猫。どこにそんなパワーが残っていたのかと思うけど、あれからちょうど今日で一週間。猫とはまだ再会していない。そして、ちょうど猫がいなくなったと同時に娘に持たせていた携帯電話がなくなった。こちらも、あれからでてこない。

野々子さんの描く森。いろんなものが見えたり隠れたり。
永遠のかくれんぼ。

お時間ありましたら、ぜひ森にいらしてください。
a0162646_21324392.jpg

 春らしい花の棚 こちらがマゼコゼです
a0162646_21323361.jpg

 ワークショップの様子
a0162646_21322260.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-25 21:34 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

しめった土と落ち葉のにおい

小林野々子さんの展覧会「しめった土と落ち葉のにおい」始まりました。
展示の見ながら、ふと自分はいま森の中にいるのかな?という錯覚に陥りました。
しめった土と落ち葉のにおい。なつかしい感触です。

是非おでかけください。展示は26日まで。期間中は無休です。ご来訪お待ちしております。
a0162646_15402445.jpg
a0162646_1540881.jpg
a0162646_15395398.jpg
a0162646_15393632.jpg
a0162646_15392683.jpg
a0162646_15391652.jpg

ちなみに作者の野々子さんはキノコを食べるのはあまり好きではないらしいです(笑)
[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-20 15:42 | Artなこと | Comments(0)

明日20日から小林野々子展覧会始まります!

明日20日(水)から26日(火)  (12:00-18:00 open)まで、小林野々子さんの展覧会『しめった土と落ち葉のにおい』をマゼコゼにて開催します。
野々子さんの描く、きのこ、葉っぱ、月、太陽、船。。。は、彼女独自のメルヘンな世界に私たちを連れて行ってくれます。
期間中は無休で、23日(土)と24日(日)は午後1時よりキノコのマグネットに色を塗るワークショップを行います。是非参加してみてください。参加費は500円です。

ご来訪お待ちしてます。
a0162646_15581518.jpg
a0162646_155852.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-19 15:59 | お知らせ | Comments(0)

わらべうたの時間

この前の6,7日に行なわれた「わらべうたライブ」。このライブで本年度の「わらべうたの時間」は最終回だった。長野に私たち一家が引っ越してきた翌年から3年間ずっと、わらべうたの知恵さんに月に一回のペースで東京から長野にきてもらって「わらべうたの時間」というものを行なってきた。

私は娘が1歳の時から自分が運営している場所で知恵さんの「わらべうた」のワークショップ?をやってもらっているので、これまで約9年間(途中少しブランクはあるものの)ずっと知恵さんのわらべうたのシャワーを浴びている。覚えが異常に悪い私だが、好きな歌はいくつかあって、すらすら歌えるものも数曲ある。そして、娘も私のわらべうたのシャワーをあびて、いくつか彼女自身が覚えている歌がある。

東京から長野に引っ越してきて、知恵さんのわらべうた聞けなくなってしまったと思っていたときに、長野市芸術文化振興事業助成金のことを知り、知恵さんのわらべうたを自分だけでなく、みんなと学んで、その時間を共有したいと思い、書類を書いて出してみた。そして3年間。助成金のお陰で坂野さんをよぶことができ、みんなで学ぶことができた。そして、その3年間が終了し、これからは自立して「わらべうたの時間」を繋げていきたいと思っているところ。

夫には「つねちゃんが、こんなに続いているものって『わらべうた』だけじゃない?」と言われる。
なぜ「わらべうた」と聞かれる時があるけれど、子どものためにと思ったことはあまりなくて、むしろ自分ためにというのが正しくて、懐かしい時間、幸せな時間が「わらべうたの時間」には流れているからということだけが、自分で確信をもって言えること。そして、その時間をみんなと共有したいと思うだけ。
そして、そういった時間がないと、自分はアップアップになってしまうから。

そんなわけで、「わらべうたの時間」は今後も続けて行く予定です。これからもよろしくお願いします。
a0162646_23561553.jpg
a0162646_23534245.jpg
a0162646_23532335.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-12 23:58 | 『小さな芽』 | Comments(4)