<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今週

明日28日(木)は、種まく人工房の展覧会の最終日。
2月は駆け足で、あっという間に終わりです。最終日お時間ありましたら是非見にいらしてくださいね。

そして、3月1日(金)は、誠に勝手ながら4時にて終了とさせていただきます。ご了承ください。なお、3月2日(土)は営業します。12時から6時までオープンしております。是非お出かけください。
a0162646_22582646.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-27 22:59 | お知らせ | Comments(3)

種まく人工房のワークショップ

昨日の「麻とウールでベルトを織る」ワークショップは、道具も手づくりでかなり原始的な方法で織るという、またしても今回ハードなワークショップとなりました。(笑)
といっても、種まく人工房の前回のワークショップのカード織りと比べれば全然楽ちんな感じがしたのは私だけだでしょうか?
腰ばたといって、体の一部が織り機となって、織る方法でベルトを作るワークショップ。
体が道具の一部となるので、どこでも織ることができる。
織りって、こういったふうに始まったものなんだなと改めて思ったワークショップでした。
a0162646_23174084.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-24 23:20 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

種まく人工房 展覧会明日から始まります

今日搬入が終わり、いよいよ明日から始まる「種まく人工房展」。
今回で3回目になる種まく人工房の展覧会。
やはり、作品の囲まれると山に居る気分。
もう山しか私の中には浮かびません。
このショールやマフラーつけて、山に行きたい。
そんな風に思う展覧会。
28日まで開催です。
是非おでかけください。
a0162646_20404456.jpg
a0162646_20402738.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-17 20:41 | お知らせ | Comments(0)

18日から『種まく人工房』展覧会始まります

a0162646_164078.jpg
18日から始まる種まく人工房展。
期間は28日(木)までで、12:00-6:00pm (期間中は無休)オープンしています。

そして、23日にはワークショップ『麻とウールでベルトを織る』を開催します。
ワークショップは1時半から。木製へドルと材料費込みで1500円です。
素敵なベルトできると思います。お気軽に参加ください。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-16 16:40 | マゼコゼなこと | Comments(0)

成長

もうすぐ娘のクラスでは3学期も終わりに近づいてきたということで、最後の授業参観のあと茶話会をもうけるということになった。、いろいろとクラス委員のかたが考えてくれて、小さい頃の写真をみて誰かをあてるゲームをやろうと言う話になったらしく、それぞれ子どもが小さい時の写真を提出することになった。

話は変わるが今日お店にきてくれた男性が娘を見て『お母さんそっくりだね。』と言った。娘が『びみょー』と言っていたのを聞き逃さなかった私だが(笑)、夫も『お母さんも若いころは今と違ったんだから。』と追い打ちをかけるようなことを言ったのも聞き逃さなかった私。

そして先程まで娘の小さい頃の写真を探していたら、夫と私が海外へクライミングに出かけた時の写真がでてきて、娘に『お母さんもこんなに若い頃があったんだよ。』と見せたところ、『これって、誰?』と言われてしまう。(笑)
そうだよね。いまこの写真見せても解らないかもと思い、娘の茶話会に見せる写真も娘とまったく解らないのないかなーと、思いっきり探すこととなった。しかし、わたしほど変わった写真は娘の場合なく、娘もこれじゃつまらないよねと言うしまつ。(笑)
『びみょー』と言う娘の気持ちもわからないでもない自分がこわい。
a0162646_23475810.jpg
a0162646_2347498.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-13 23:50 | 『小さな芽』 | Comments(3)

もんぜんまち劇場

この8,9日にマゼコゼであった「わらべうたの時間」。このところ「わらべうたの時間」ではお手玉がブーム?
私も練習しようと思いました。

今回は9日から始まった門前界隈の灯明まつりにあわせて、この界隈も「もんぜんまち劇場」といって、いろんなところでワークショップや演劇、ライブ、語りなどが開催されるので、わらべ歌の知恵さんとわらべうたの時間に参加してくれたみんなと、その足で「鯛車制作ワークショップ」を見せてもらったり、夜には「方言で聞く、日本のむかしばなし」を聞きにいったりと、私もとても楽しかった。

「鯛車」は新潟・巻地区の郷土玩具で江戸末期から昭和の中頃まで、お盆の夕暮れ時になると浴衣姿の子どもたちがこの鯛車を引いて回るというもので、いったん途絶えたこの風習を復活させようと「鯛車復活プロジェクト」と言う活動がおこり、ふたたびまちに鯛車の灯りともされるようになったらしい。
この鯛車、なんとも顔と形すべてが愛嬌があって、かわいい。子どもを見てるようだなと思う。
a0162646_11512659.jpg

そして、今日は駅から善光寺に続く道(表参道)をワークショップで完成した鯛車を引いて歩くらしい。
想像しただけでも微笑んでしまう。

そして、昨日の夜は「方言で聞く、日本のむかしばなし」を聞きに行ったのだが、こちらもとても楽しくて、長野の方言ますます好きになり、むかしばなしの魅力にもどっぷりつからせてもらった。
『食わず女房』なんて、頭にぽっかりとあいた大きな口に食べ物が吸い込まれていくシーンが頭にうかび、ちょっと寒気がしたりして、面白かったー。
a0162646_1204281.jpg

あいまに、わらべうたや手遊びもあり、知恵さんに教わったわらべうたばかりだったので歌えまっせ―と口ずさむ
a0162646_1221388.jpg



もんぜんまち劇場、灯明まつりは17日までつづきます。見逃せないものがいっぱい。
ちなみにマゼコゼでは15日(金)に朗読劇「ラヴ・レターズ」があります。こちらもお見逃しなく。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-10 12:07 | わらべうた | Comments(0)

ラヴ・レターズ

今年で第3回めの「もんぜんまち劇場」。9日からの灯明祭りにあわせての開催です。
マゼコゼも会場のひとつになっています。

朗読劇 ラヴ・レターズ
作 A.R.ガーニー/訳 青井陽治
出演 中牧浩一郎 島崎美樹
制作 たなかぱんだ

2月15日(金) 19時30分開演
場所 カフェ マゼコゼ
料金 1オーダー
a0162646_9184847.jpg

「君の手紙が、僕には必要です。ずっとそうでした。
君にとっても、僕の手紙がそうでありますように。。。」

是非おでかけください。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-05 09:20 | お知らせ | Comments(0)