<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

エコビレッジ

今日は小諸エコビレッジの春祭へ。
知人が作ったゲルは独立型太陽光発電装備で今回の春祭の中心といえるものだった。

自然エネルギーを使って実践している場所はいくつかあるが、私が最初自然エネルギーというものに出会うきっかけを作ってくれたのは、夫が講師でときどき出かけていく岩手の森と風の学校。いろんな自然エネルギーを利用して様々の知恵を私たちに教えてくれる学校だ。

そして今日は長野市からも車で1時間弱で到着できる小諸エコビレッジ。
このゲルは直径8メートル。独立型太陽発電で350Wの電気が使えるそうだ。
ゲルの中では山本宗補さんの「福島」の写真が飾られていた。
餓死する牛の写真が印象に残る。

自分の生活も本当に矛盾してるなーというのが写真展を見た後の感想。

明日は娘の遠足で、「1回ぐらい冷凍のシューマイとかお弁当に入れられないのかな?お弁当のセンスないなーお母さん」とつぶやく娘。「うちは電子レンジ使わないから、冷凍食品は基本的に無理。」と答える私。
「蒸し器でやればいいじゃん。」と娘。「ガスを結構使うじゃん。ロケットストーブ焚いてるときだったらね。」と永遠とつづく問答。

薪でご飯を炊けばいいし、料理もすべて薪ですれば、ガスもいらない。
私が知っている上越に住む瀬谷一家は料理もお風呂も全て薪。ガスは通ってない。
すごいと心底思う。

幼稚園に行っている娘さんもいるから、きっとお弁当も毎日だ。
薪ですべてまかなっている。すごいとしかいいようがない。

矛盾だらけの自分の生活。なんとか少しずつ修正していかないと最終的にとんでもないことになりそうで、これからも永遠と修正生活は続く。 ちょっとでも修正していって、餓死する動物の数が少しでも減って欲しい。
a0162646_23542964.jpg
a0162646_23544230.jpg

     女性が一人でティピをたてていた かっこいいな
a0162646_23545352.jpg
a0162646_2355796.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-30 23:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(1)

5月4日はプランターコテッジでカフェやります

a0162646_23334077.jpg
本日より、ゆきつぼさんの「ゴウセツの栄村文化展」は中間休みで、マゼコゼは6日までお休みとなります。そして展覧会後半は7日から再開。19日まで開催します。

今回のゴールデンウィーク。東京の国立市にあるプランターコテッジにて、最後のプランターコテッジカフェをやります。
長野に来るまでずっとプランターコテッジの管理人をやっていた私ですが、プランターコテッジが6月には壊されることになったので、最後にカフェをやって、プランターコテッジに来てくれる人たちとゆっくり話などできたら嬉しいと思っています。

そして、その日はプランターコテッジの備品などもバザー形式で販売したいと思っています。
もし、ご都合よろしければいらしてください。cafe的にはメニュー充実してないと思いますが、お菓子など持ち込んでいただいてOKなので、お茶しにいらしてくださいね。
お待ちしております。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-29 23:37 | お知らせ | Comments(1)

ピアノ

今日、娘が習っているピアノ教室のspring concertがあった。

娘は去年の8月からピアノを習い出して、今日のこのコンサートで初めて一人でピアノを弾くこととなった。演奏する曲はマイカパルの「おとぎばなし」とグルリットの「おまつり」。

母親の私はピアノなど全く習ったことがないので、娘にピアノのことを聞かれても全く答えてあげることができないのだが、娘は先生に教わったことを家でも練習して自力でずいぶん頑ばったなと思う。

東欧っぽい曲の「おとぎばなし」は、私としては特に好みの曲。暗いですけど。。。(笑)

やっぱり音楽っていいなーと思う一日だった。東京でずっと住んでいた国立市は国立音大の付属幼稚園から高校まであったり、音楽をやっている人が多かったり、とても音楽が盛んな町。
今日の演奏会でも、国立音大の人が二人出演していた。

自分たちはいい町に住んでいたんだなと国立に思いをはせ、みんなの演奏を聞いていたら国立の喫茶店でクラシックを聞きながら紅茶を飲んで外の桜並木を見ているような気分になった。

a0162646_22584273.jpg
a0162646_22585640.jpg

   娘の衣装どうしようとあせりだしたのが、当日2日前。 イメージは春の花で
   たんすの中から見つけ出したワンピース とりあえずなんとかなってホッと一息。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-29 23:02 | 『小さな芽』 | Comments(0)

プランターコテッジ

東京の国立市にあるプランターコテッジ。
夫と私がリキトライバルとして活動し始めた頃、第一号として作った空間。それがプランナーコテッジ。
そのプランターコテッジも5月一杯で、取り壊しとなる。
私はプランターコテッジの管理人として約9年間プランターコテッジと関わってきて、長野に引っ越してきた。
当時、プランターコテッジ新聞というものも作っていて、手書きの力のぬけたイラスト入りの新聞には熱烈なファンもいた。(ウソ)

借りた当初から、建物が古いのでいつ壊すことになるかわからないと大家さんから聞いていて、壊す時は一年前にお伝えしますとのことだった。
そして、とうとうその時がきた。

思い出はというと、もうそれはなんのって、数え切れないほどあって、何が一番思い出深いか?と聞かれても頭は空白になってしまう。
その時、その時、一生懸命やってきたことだけは事実で、プランターコテッジで出会った人にずっとささえてきてもらっていること、そして、プランターコテッジで過ごした時間が、いつまでも自分の胸の中ではきらきらしていて、ずっとずっと胸の中で大切に暖めつづけていける確信があること。

大切なもの。壊されるけど、もう胸の中にはしっかりおさまっているから大丈夫。って言えるかな~(笑)壊されるところ見たら泣いちゃうかな?

そういえば、去年の夏ごろマゼコゼに国立のプランターコテッジに住んでいたという男性が来てくれた。本当に驚いたけど彼は一橋大学に在学中にプランターコテッジに住んでいたそうで、今は軽井沢で働いている。そうそう、矢川駅の近くに、もうひとつのプランターコテッジがあるのは私も知っていて、そこはアパートなんだけど、オーナーの人に一度「名前はどうしてプランターコテッジなんですか?」って聞いてみたいと思っていた。(笑)

私たちの「プランターコテッジ」の名付け親は私。
夫が植物の住処にししたいと言ったりしていたのと、私は種まく人が住むコテッジという意味をこめたのと、プランター=いろんな人をうけいれられる器、容器でいられるコテッジという希望を持って名付けた。
大切な芽はいっぱいでて、なんと感謝していいのかわからないぐらいプランターコテッジは活躍してくれた。
本当に感謝でいっぱい。

大切にしたいもの、形はなくなるけど、自分の中で生きつづけてくれる。
a0162646_035287.jpg

 5月はハニーサックルとジャスミン
a0162646_035227.jpg
a0162646_0355938.jpg
a0162646_0361390.jpg

 夏に雪のようにお花が散る夏雪かずら
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-27 00:38 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(3)

ランチ

ブログでのお知らせが遅くなりましたが、「ゴウセツの栄村文化展」開催中のランチは予約制とさせていただいてます。申しわけありませんが、ご希望のかたはメールかお電話ください。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-25 09:20 | お知らせ | Comments(0)

おたく

展覧会をするといつも思うのだが、夜一人、静けさが漂うなか、じっくり作品を見ることができるのがなによりも嬉しい。
そして夜更かししてしまう。

今年になって娘も合唱団に入り、朝練があるので、寝る時間も早くなった。
夫も左右の視力の差がありすぎて、かなりのがちゃ目になっていて疲れやすいのか、寝る時間が異常に早くなった。
そして、愛犬ピスも二人が早く寝るので一緒にあっという間に寝てしまう。

一人、展覧会中の作品をながめ、止まった時間のなかにいると、頭がからっぽになる。
たぶん私はこの状態が好きなんだなと、いつも思う。
画廊に勤めていた時も、画廊を閉めて、他のスタッフがみんな帰って一人になった時、もう一度展示スペースのライトをつけて、一人で絵や彫刻を眺めるのが好きだった。

かなりの美術おたくと言われれば、はいそうですと自分でも答えるが、好きなものは好きだからしょうがないし、頭がからっぽになれるのはそんな時しかないので、自分にとってはどうしても必要なものなんだと思う。
いつまでも美術おたくから逃れられそうにない。

a0162646_00133.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-25 00:02 | Artなこと | Comments(2)

ゆきつぼさんの展覧会

ただいまマゼコゼ2階にて開催している「ゴウセツの栄村文化展」。
栄村。。。どんなところなんだろう?
ゆきつぼさんの描く栄村を見ていると、さくらももこが描くアニメのコジコジを思い出してしまいます。
宇宙の子コジコジが住んでいるファンタジーの世界。
コジコジ=ゆきつぼさんに思えてしかたがない。

さて、先日のゆきつぼさんとのランチ会で、私も栄村の一品と思い「いもなます」作ってみました。
できばえは?
ゆきつぼさんの描く「いもなます」とは別物でしたが(笑)お味は自分で言うのもなんですが美味でした!

ただいまマゼコゼの2階は、なんだかほんわかあったかい空気が流れ、こういった生活がまさにスローライフなんだろうなと感じる展覧会になっています。
是非、栄村の文化に触れにきてくださいね。

a0162646_22255035.jpg

   私が作った「いもなます」は、ゆきつぼさんが描いた「いもなます」と別物だった(苦笑)実物の写真なし
a0162646_22252640.jpg

a0162646_2225912.jpg

   春満載
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-24 22:28 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(2)

境内アート

日付変わって、もう昨日のことになりますが境内アート1日目。
小池雅久の秘密基地は、子どもたちに大人気。
夫の前世は絶対鳥だったと思っている私は、今回も枝を組んでいく速さにやはり前世は鳥だったと確信しました。
22日(日)も秘密基地作り続きます。
お天気がもってくれるといいのですが。
是非おでかけくださいね。
a0162646_0123436.jpg
a0162646_0122218.jpg

撮影した写真の中に、しほさんの鳥のモビールと重なっているもの発見 絵本の世界みたい
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-22 00:13 | Artなこと | Comments(2)

今日一日

朝、出先から帰ってくるとお友達のWさんが『何か植えて今度もってきてあげる』と言ってくれていたものが届いていてびっくり。
大好きなルピナスやマーガレットなど春らしい鉢植えに大変身していて嬉しい。

そして、午後からは月曜日からの始まる展覧会の展示。
作家のゆきつぼさんが助っ人と一緒に来てくれた。作品どれも素敵です。
こんな絵をゆきつぼさん描くんだーと、正直言って私は驚きました。
絵からにじみでてくる静けさがゆったりした時間をかもしだしているようで、ただただ感動するばかり。
そして、ただただ食べたくなるばかり。(笑)栄村の食べ物の絵が多いんです!
さらに、今回の展示している絵の額装がまたすばらしいです。

展覧会来週から始まります。是非おでかけくださいね。そして、ゆきつぼさんとランチを食べる会では一品は栄村の料理を私もがんばってつくってみようと思います。お楽しみに。

明日はマゼコゼはお休みです。小布施境内アートのほうにおります。
こちらは夫が作品をだしてます。こちらも是非おでかけくださいね。
a0162646_1954262.jpg

a0162646_2093199.jpg


a0162646_19515967.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-20 20:06 | マゼコゼなこと | Comments(0)

ゆきつぼが描く「ゴウセツの栄村文化展」は来週から

ゆきつぼが描く「ゴウセツの栄村文化展」が4月23日(月)から5月19日(土)まで、マゼコゼ2階にて開催されます。(GW期間中の4月29日から5月6日はお休み)
ゆきつぼさんは、今年の1月に「ゆきつぼのちいさいころ」という栄村での思い出生活雑記の本を出版したばかり。
この本を読むと、豊かでダイナミックな(ダイナミックといっていいよね?)豪雪地帯の栄村での生活に誰もが興味をいだくと思います。今回の展示は、「ゴウセツの栄村文化展」と題されたように、栄村にみんなをご招待できるような展覧会にしたいと勝手ながら野望をいだいております。マゼコゼ2階が栄村になれるのか?
展示どんな風になるのでしょうか?楽しみにしていてくださいね。
そして、もう一つお知らせが!
展覧会中の月曜日(初日23日と5月7日と14日)は、作家のゆきつぼさんがいらっしゃいます。
ゆきつぼさんと一緒にランチを食べて、栄村の話どんどん聞いてみませんか?
ご希望のかたは期間中の月曜日12時半ぐらいから「ゆきつぼとお昼を一緒に食べる会」参加してみてくださいね。材料の関係上ご希望のかたはご連絡いただけると助かります。
cafe_mazekoze@yahoo.co.jp まで。よろしくお願いします。
a0162646_934497.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-20 09:37 | お知らせ | Comments(0)