<   2011年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

モーニング

東京の友達のY君が先日遊びにきてくれた。

ご近所の1166バックパッカーズに宿泊していたY君。朝食を食べようといろいろ回ったけど空いてるところが見つからなかったと言っていたので、こうなったらモーニングやってみようと、ずっと私もやってみたかったモーニングを水曜日から開始。
モーニングなんだか楽しい。来てくれるみんなが、これからどこに行くのかな?などを聞いていると自分も旅行者の気分。
私もスコットランドを旅したとき、いろんなB&Bに泊まったが、一番印象に残っているのはハイランドにあるインバネス(ネッシーのでるところ)のB&B。
朝食が印象的で、ここで飲んだ紅茶、たぶんIrish Breakfast だったと思うが、すごく美味しかったことを覚えている。

そんなこんなで、ひっそりとB&B始めているマゼコゼ。明日もやってますので朝食ご希望の方はどうぞ来てくださいね。
目玉焼きorスクランブル、ジュース、サラダ、ベーコン、厚切トースト、コーヒーまたは紅茶で
500円です。時間は8時から10時まで。そのあと少し閉めさせていただき、12時から再びオープンしてます。

お待ちしてます。

a0162646_233372.jpg

    ワンコもお出迎え致します!(笑)
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-29 23:34 | お知らせ | Comments(2)

とうとう我が家に犬がやってきた。

昨日、娘が誕生日に欲しがっていた犬の話がついに実現した。
夫がネットで福島の犬を保護している団体のサイトを見て、新潟に娘が好きそうな犬を発見。
朝から新潟に行ってみるかと夫が言った。

娘と私も一緒に車に乗って約2時間半の旅。
サイトでは、飼い主の環境を見届ける為、犬を家まで運んでくれると書いてあった。
そして、現地に到着してネットに出ていた犬のことをたずねると、その犬は里親がもうすでに決まったとの事。
残念だけど、里親さんが決まったのならそれは嬉しいことだ。そして、周りをみわたすと里親募集の犬や猫がまだまだいっぱいいる。そうこうしていたら、なんと娘の大好きなビーグル犬がいて、娘はもうすでに目がハート。

そしてスタッフの方が長野からわざわざ来て下っているので、今日そのままつれていってくださっていいですよとの言葉。
まさか、そんなにすぐにと思ってなかった私は驚いたものの、娘はもう一緒に帰らないなんてありえないという目つき。

とうとう、我が家に新しい家族がやってきた。
丸一日たって思うのは赤ちゃんが我が家にやって来た感じ。娘は大変よく面倒をみるし、夫はなんだか完璧に赤ちゃんに接する態度で、あれこれやってくれる。

さあ、これからどうなるか?未知の世界に突入だ。

a0162646_23172716.jpg

さて、どんな出会いがあるのだろう?
a0162646_23174441.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-26 23:21 | 『小さな芽』 | Comments(4)

娘の誕生日

昨日は娘の誕生日。
1桁最後の誕生日だった。

「誕生日の朝は、くさいおめでとう!って言ってね。」という娘。
くさいは、もちろん9歳の意味。
ときどき、娘は不思議なことを言う。

「くさい、くさい。」みんなで朝から「くさい、くさいおめでとう!」と言う。
東京からKさんや、わらべうたの知恵さんも来てくれていて嬉しい誕生日だった。

「おかあさんからは、いつもいっぱいプレゼントもらっているから誕生日プレゼントはいらないからね。」と言う娘。

ときどき、娘は不思議なことを言う。

a0162646_23561239.jpg
a0162646_23562373.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-24 23:57 | 『小さな芽』 | Comments(4)

このごろのマゼコゼ

ちょっとずつですが、マゼコゼのカウンター周りを改装したり、絵本関係のものを少しずつ加えている毎日。ある程度自分の中にはイメージがあるものの、どこまで夫と共有できているかはやや不明。

でも、それぐらい不明なところがあったほうが面白いだろうと思い、いつも何か一緒にやるときは細部までは詰めません。かなりざっくり、絵本屋さんでよろしくっていう感じです。
もし私がマゼコゼの店の内装も一つ一つ細かく注文していたら。。。マゼコゼは完成しなかったでしょう。
そんな感じなので、かなりざっくり、山小屋の絵本やさんぐらいにしかイメージ伝えてません。
しかし、ちょっとずつ森の中?山の中って感じになりつつあります。
a0162646_025065.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-20 00:04 | マゼコゼなこと | Comments(0)

週末から

先週の土曜日は娘の運動会。

前日、咳と鼻水がひどい娘は朝病院に行ってから登校。お昼に担任の先生からも「お昼ご飯が食べれず、今日はゆっくり休んで明日運動会にのぞんでくださいね。」と連絡いただく。家にかえってきてからも元気がいまひとつなかったが、良子ちゃんのバックなどの作品が東京から届くと、娘も私も元気に!
良子ちゃんの作品パワー結構すごい。(今、マゼコゼで展示販売してますよ。)

そして夜になり、夫も岩手に夜中に出発だし、娘は明日運動会でれるのか?と思いながら夜中に熱をはかると37.5度で微妙な感じ。
そして翌朝、熱は37度。本人は当然行くつもり。そうだよね。楽しみにしていた運動会だもんね。私もずっと見ていることだし、調子わるくなったら考えようと運動会へ。でも内心ドキドキ。

当日は、曇がちだけど、ときどき日差しも強く、運動会としてはいい日。
娘も全く大丈夫なようで、ドキドキしながらも観客席で最後まで運動会を見れたことに感謝。団体競技を見るたびに娘が一人でも休むと全て変わってしまうのだなーと思いながら、娘もよくがんばったと思ったり。最後娘が教室からでてくるまで時間があったのに、テントなどの片付けを手伝いもせず、反省。最後まで娘が倒れたりしないかとそわそわしてしまい、ボーっとしていたら、いろんな片付けが終わっていて、娘にもお母さんしっかりしてよと喝を入れられる。(苦笑)でも、無事終わってよかった。

そして、今日から娘は運動会の代休も含めて3連休。今日は安曇野におじいちゃん、おばあちゃんと親戚の家族のみんなが連れていってくれる。途中、温泉チームと絵本チームにわかれる。
私たちは絵本チーム。
ちょうど、絵本美術館&コテージ森のおうちで「心にしみいる詩と挿絵展」をやっていて、くどうなおこさんの作品をたくさん見ることができた。マゼコゼにあるカレンダーは、わらべうたの知恵さんからいただいた、くどうさんのカレンダー。
言葉の威力すごいなー 挿絵の威力すごいなーと思う展覧会。展覧会に寄せて館長さんがリーフレットに震災のことに触れ、この展覧会で「やさしさや生きる元気をもらってみてください。」と書いていた。運動会でも展覧会でも元気をもらえるというのは今の時期本当に嬉しいことだと思う。
初めて行った絵本美術館&コテージ森のおうち、展覧会もよかったが、建物もよかった。そしてカフェのケーキも美味しかった。また、今度ゆっくり行ってみたい。

a0162646_223348100.jpg

↓↑ R.Echoこと良子ちゃんの作品たち 元気いっぱい
a0162646_2234076.jpg
a0162646_22341770.jpg

 ↑夫が作った鉄の絵本スタンドは岩手の森と風のがっこうへ納品
a0162646_22343731.jpg

 ↑  こちらは安曇野絵本館 今回は中には入らず
a0162646_22345576.jpg

 ↑    絵本美術館&コテージ 森のおうち
a0162646_2235775.jpg

   こちらはマゼコゼ 絵本コーナーに夢はふくらむ
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-18 22:42 | マゼコゼなこと | Comments(2)

9月22日(木)の午後は「お手玉づくり」の会

9月22日(木)13:00ー15:00お手玉づくりの会をやります。わらべうたには必須のアイテム(笑)。みんなでお茶をしながらつくりませんか?

お手玉作りたい方は上記の時間内であれば、ご自由に好きな時間に来てください。
参加費1000円(お手玉2ケとお茶代含む)
座布団型お手玉、中身は小豆で作ります。
持ってきていただくものは裁縫道具。布と小豆はこちらでご用意しますが、使いたい布がある場合はお持ちください。
ご参加おまちしております。

a0162646_166593.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-17 16:06 | お知らせ | Comments(0)

今月の「わらべうたの時間」

今月の「わらべうたの時間」のお知らせです。
今月は9月22日(木)と 23日(金、祝)です。
時間は11時から12時まで。
参加費は1000円
教えてくれる人は、坂野知恵さんです。
23日は祝日のため、カフェの営業はありません。ご了承ください。

秋のわらべうた、いっぱいありますね。一緒に歌いましょう。
お気軽に参加ください。

要予約となりますので、cafe_mazekoze@yahoo.co.jpまで参加希望のかたはご連絡ください。
お気軽に参加してくださいね。

主催:わらべうたの会
この事業は、長野市芸術文化振興事業助成金を受けて実施しています。
a0162646_86375.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-16 07:52 | お知らせ | Comments(0)

残暑きびしく。。。

暑い!
只今、部屋の温度は30度ある。
娘は10時半ぐらいに眠りはじめたが、先程まで鼻が詰まるといってはのたうちまわり、鼻をかみながら又眠りに入るといったことを繰り返し、寝苦しそう。
夫も遅くまで鉄のしごとをしていて、たったいま眠ったよう。
明日から岩手の森と風のがっこうのワークショップの講師としてまた出かけていく。

そして、今週末は娘の運動会。
体調は、大丈夫なんだろうか?と年がら年中、鼻水が出ている娘をみると思う。
季節の変わり目は、だいたいひどくなり、喘息になったりもする。

娘の場合、パターンとして起こりうる状態が大体見えているので、体質改善して、少しずつよくなっていってくれるといいなーと思うのだが。この3週間、玄米食に変わった我が家。娘が小さい時も、ずっと玄米だったが『もう玄米いやだな』という娘の希望もあって、ここ1年玄米食はずっとやってなかった。
しかし、夫の病気のこともあるし玄米のほうがいいだろうと再び玄米食に変えた。当然、お店のランチも玄米に変えた。
さて、調子は?と言えば、私の場合は、ただいまかなりデトックス状態。肌の調子はすこぶる悪い。
蚊にさされたところなどがきっかけで、湿疹が全身にでたりして、眠れないことは多い。
一方、夫と娘は蚊にまったく刺されないので、悩みはまったくわかってもらえない。

最近は、もう眠れない夜は開き直り本をよんだりしているが、なんだか懐かしい時間のような気もする。
大学に入学した年、東京に上京して初めて一人暮らしを始めた時は、半年以上ひどい湿疹に悩まされた。野菜中心の生活を心がけたら体重が一気にへって、あの時はスタイルよかったなー(笑)。
そんなこんなで、久しぶりにきたひどい湿疹。

はたして、このデトックス。わるいものが出きったら生まれ変われたりするのかしらん?
肌は何かを訴えていることは間違いなし。
夫も皮膚の難病だし、娘もアトピーから始まるアレルギー体質だし。。。

悪いもの?全部できったら、また少しずつたまっていくのかしらと思ったりする今日このごろだが全部出すのにも時間はかなりかかりそう。

a0162646_127031.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-16 01:55 | マゼコゼなこと | Comments(0)

鉄の仕事

カンカンカンと隣の夫のアトリエから響く音。

今日は暑い中、鉄をたたいている夫。
いくつか依頼のある鉄の仕事をやっている。
アトリエの中の温度は、想像するだけでも暑い!
汗だくで作業をしている夫を見ていると、ふと病気のことが気になるが、鉄の作業が夫には似合っているなと思ったりする。

できあがってきたものを見ると、やっぱり鉄の仕事はいいなーと思う。
いろいろ注文いただいていて、お待たせしているみなさんすみません。

a0162646_1841422.jpg
a0162646_1842525.jpg
a0162646_18421660.jpg

  ブックスタンドの出来上がり
a0162646_18423169.jpg
a0162646_18424719.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-15 18:44 | Artなこと | Comments(2)

理解

私たち人間の一生は、長くても80年から100年。
そんな私たちの一生を遥か越える…樹齢数百年年を越えるような大樹を理解するとはいったいどういうことなのかを考えてみれば、この世のあらゆる出来事の中で自分がほんとうに理解できていることなど何一つとして無いことに気づく。

悠久の時間軸の一点である「いまここ」から私に見える世界は、この世の事象のほんの僅か…世界のほんの一部分にすぎない。
けれど…だからこそ私たち人間は自らの内に『想像する力』を抱き、その力によって、この世界のほんの僅かな一点からこの世の全体を想像し、自分たちがいまいる「いまここ」を理解し、そしてこれから何処に向かうべきかについてを知ろうとしているのかもしれない。
a0162646_132224.jpg


一般的に理解とは、物事の理由・原因・意味を正しく知ること…であるらしいけれど、理解が記憶や学習と深く関係してはいても、それらとは異なる連続する現象であること、しかも、独立した現象では無くこの世の様々と関係性を持つことによって理解は成立するという点でとても興味深い。

「いまここ」である一点とその周辺に無数に散らばる「トキ」「トコロ」とが繋ぎあわされることによって起こる現象…「イマ・ココ」と「トキ・トコロ」が繋がり連鎖し、広がってゆく状態こそが私たちが生きるこの世界そのもの。
ようするに理解とは、この世を知るということに近いのかもしれない。
宇宙がどのように誕生したのかを科学的に物理学的に理解すること…物理学的アプローチに興味は湧かないけれど、「イマ・ココ」がたとえこの世界のほんの僅かな一地点だとしても、この一地点だけが持つ時間軸、そして、そこから繋がる関係性をたぐり続ければ、やがて私たちは宇宙にまで到達することは間違いない。
その限りない連鎖を起こす原動力…それは全て私たちに例外なく備わっている「想像力」に他ならない。
a0162646_13395110.jpg


認知心理学(cognitive psychology)は現代心理学の主流…情報処理の観点から生体の認知活動を研究する学問なのだそうだ。その認知心理学においては、理解には段階があるとされていて、下部から上部へ向かうその段階は具体的から抽象的であるとされている。
例えば「宇宙」についての理解を考えてみれば、まずは太陽だの銀河系だの?から始まり、宇宙についての基礎的なことを学ぶことに始まる…。そうしたスタート地点に近い段階…下部では、揺るぎなく具体的な事実を検証し記憶し学習する。その結果、寸分のズレも許されない具体的な目的に持った計算が可能になり、それによって人類は宇宙空間にまで飛び出せるようになる…という下部。
でもそれよりもっともっと先の宇宙について。光ですら数億年以上かかるというような宇宙そのものに対する理解とは、人類を宇宙空間に搬送する…というような具体性ある領域とは全く別のベクトルへと向いてゆく。
私には殆ど理解不能なビックバーンもそのベクトルに含まれるものだとは思うけれど、そもそも「宇宙とは何であるのか?」という疑問は、既に宇宙という空間や物質としての天体の話しでは無く、私たちは何処から来て何処に向かうのか?という精神の領域にあるような気がする。

日々私たちを翻弄し疲弊させる…それでいて手放すきっかけすら見つけられないコンピューターをはじめ、現代を圧巻する情報ネットワークと情報端末はまさにこの認知心理学による研究成果のたまものだ。認知心理学は、コンピュータの処理モデルを構築する、それを用いて人の認知モデルを再検証することはもちろん、最近では、意識や感情、感性といった問題にも取り組むようになってきているそうだ。認知心理学にはさほど興味は無いけれど、現代心理学の主流を担うとも言われるこの学問分野が、意識や感情、感性の領域に近づいてきていることはとても興味深い。
やがてこの学問に限らずあらゆる学問やあらゆる産業がまぜこぜになってこの領域に取り組んでもらいたいと思う。
a0162646_13402796.jpg
            
         水を汲みに行ったら孵化したばかりの蝶の群れに出会った。


僅かな期待、淡い期待、とでも言うべきか…。
「いまここ」を生きる私たちは、この世という現象…全体への深い理解を必要とする段階に向かって歩みを進めていると信じたい。
3.11以降、ずっと心の何処かにその気持ちを抱き続けているような気がする。
「いまここ」はその途上にあって、あらゆる刺激物が私たちを翻弄し、時に私たちを疲弊させることがあるけれど、それはそれでいたしかた無いことなのかもしれないとも思う…。形は違えども、そうやって私たちは過去から現在までこの世を生き次いできたのだから。
だからこそ、「いまここ」を生きる私たちがこれから向かうべき場所を知るためには歴史に対する深い理解はとても重要だ。ただしそれは、過去が正しく現在が間違っているとか、あるいはその逆とかを検証することが目的ではい。全ての歴史が「いまここ」へと繋がっているということへの理解のため…。
最も大切なことは、『全体を切り刻まずに網の目のように関係性を連鎖させ繋ぎ合わせること』
そのためにいまここを生きたいと思う。

…まずは今日やらなきゃならないことがたくさんあるけど…、
さぁ、どうする。

                           小池マサヒサ 記

a0162646_13412577.jpg

                  この美しさを理解するには…
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-15 11:54 | RIKI-TRIBAL | Comments(0)