カテゴリ:出会ったコト・ヒト・モノ( 84 )

アイヌの女性

昨日、今日とマゼコゼで行われた「わらべ歌の時間」。

昨日の午前の部は思いかけずメンバーが大人だけ。こういったこともめずらしい。
大人だけのわらべうた。
大人も子どもになれる時間。

下の部屋でランチを作っていた私は2階から聞こえてくる歌声や笑い声が心地いいなーと思い、写真を2階に撮りに階段をあがっていくと、アイヌの家チセで女性たちがみんなでいろいろお話したり、歌ったりしているような風景がひろがっていて、うらやましく思ってしまった。

途中、アイヌのお話をしたり、写真集を見たりして、わらべ歌の時間が過ぎていった。
きっと永遠に変わらない時間。

見ることができて、よかった。

a0162646_20355562.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-07-12 20:50 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

アイヌ刺繍

現在マゼコゼにて開催している「アイヌ刺繍とアイヌにまつわる本の展覧会」にて、お客さんに「どうしてアイヌのことに興味があるのですか?」と聞かれることがたびたびある。
「どうして?」と自分に聞いてみても明確な答えはないのだけど、アイヌにまつわる本を見ていたり、手仕事などを見ていると、とても懐かしい気持ちになるのと、やっぱり気持ちが落ち着く。できるならずっと囲まれていたい。

なんでだろう?

北海道に住んでいたわけでもないし、小さいころから身近にアイヌの人がいたわけでもない。
しかし、四辻藍美さんのアイヌ刺繍がほどこされた着物やタペストリーのそばにいたり、アイヌの絵本を読むと、気持ちが落ち着き、幸せを感じることができる。
そんなことを考えていると、「どうしてアイヌのことに興味があるのですか?」と聞かれたときの一番しっくりくる答えは「プリミティブなものを感じるから」という言葉なのかなと今日ふと思ったりした。
そして、そのプリミティブなものとは「やさしさ」なのかなと。。。
たぶんその言葉が一番いまのところ適切な答だろうと思う。

a0162646_232637.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-07-03 23:27 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(2)

自由な発想

展覧会が終わり、今日は作品を少し片づけ始めた。今回、帽子やバック、お洋服などをだしてくれていたR.ECHOの作品のタイトルはいつもとてもかわいくて感動するのだけど、この帽子はそうだったのかと片づけるときに気付いたものがあった。
「ゆらーり雲」と、名付けられた帽子。
やっぱりタイトルいいなー。
この帽子は、ゆらーりどこへ旅するのかな?このまま長野にとどまってもらおうか?
a0162646_061130.jpg
a0162646_062194.jpg
a0162646_063245.jpg

旅する帽子、まずは東京へ戻ります。
R.ECHOの帽子、数点お店においてあります。
興味のあるかた、また見にいらしてくださいね。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-06-10 00:12 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(2)

いきもの

今回の展覧会、動物がたくさん登場しています。
我が家の犬ピスと似た猫?犬?狼?も絵のなかに出てきたり。
生きてるって、こうゆうことだねと思う作品がいっぱい。

EADYちゃんの草木染の作品は、まるで花畑のようで、MARUちゃんの作品は森の中のイメージで、
R.ECHOこと良子ちゃんの作品は町のイメージ。
すべてが入り混じって、ここで待ち合わせです。

3人3様でありながら、調和が取れていて素敵だなと思います。
それぞれの作品に表れているシーンが、何かを思い起こさせる、そんな展覧会です。
a0162646_9433183.jpg
a0162646_9431029.jpg

    ↑ わたなべいくこさんのクルミボタンがついたR.ECHOの帽子
a0162646_9423642.jpg

 EADYちゃんの花畑
a0162646_942897.jpg

   やっぱり女の子はコーディネートにうるさい 調和が取れたくみあわせを!(笑)
a0162646_946157.jpg

      走れピス!
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-29 09:49 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

展示始まってます!

展覧会、連日たくさん来ていただきありがとうございます。
展示始まってから、いろんな作品が巣立っていってます。
元気でねーと送り出す日々です。
マゼコゼの2階が絵本の世界のようになっていて、なんだか元気がでてくる作品がいっぱい。
是非、みなさん見にいらしてくださいね。
作品1点ものばかりなので、欲しい方はお早めに~。
a0162646_20562028.jpg
a0162646_205349100.jpg
a0162646_20532845.jpg
a0162646_20521787.jpg

      クルミボタンの、わたなべいくこさんも初日に見に来てくれました。
      わたなべさんのクルミボタンも販売してますよ!
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-28 20:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

『ココで 待ち合わせ』 展、始まりました!

展覧会始まりました!
かわいいものいっぱいです。
初日の今日は作家さんたちいらっしゃいます。
是非お出かけくださいね。

『ココで 待ち合わせ』 
5月26日(土)-6月8日(金)
12:00-18:00
(6月2日、3日はお休み)
R.Echo(東京) 帽子 バックなど
EADY*HARANO (北九州) 草木染の服や小物など
MARU(名古屋)絵 Tシャツ ぬいぐるみなど
a0162646_14234892.jpg

   MARUちゃん作
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-26 14:24 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

本日19日(土)が最終日

本日19日(土)は「ゴウセツの栄村文化展」の最終日。
そして、昨日は月蝕ステゥーバによる朗読がありました。
やはり、期待をうらぎらず素晴らしかったです。
マゼコゼの2階が今回は「くじらのおなかの中」のような「浦島太郎になったような」気がしたというと、あまりにシュールでしょうか?(笑)
くじらのおなかの中で自分がピノキオではなくて浦島太郎になった気分で朗読劇を見ていました。

展覧会は明日まで。
朗読劇の余韻がつづいています。なんだかあたたかいものに包まれている感じです。

まだ展覧会ご覧になってない方、ぜひ足をはこんでくださいね。
a0162646_011147.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-19 00:06 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

門前蔵サロン

今日は寒い一日。
ストーブを一日たいていた。
そして、いまはコタツのなかでブログを更新していると、気持ちはすっかり冬の山小屋。(笑)
現在マゼコゼで行われている「ゴウセツの栄村文化展」のおかげで、結構な栄村フリークになった私。

さて、14日の月曜日は門前蔵サロンの第2回目が行われますが、今回は「ゴウセツの栄村文化展」が開催のなかでの門前蔵サロン。
きっと面白いと思います。

展覧会は、その土地ならではの食事、風習などを紹介していて、興味ぶかいことがいっぱいの展示です。
栄村、私はまだ行ったことがない土地なのですが、おもしろい話がいっぱいありそうなところ。

展覧会も後残すところ1週間。期間中は無休です。
是非おでかけくださいね。

a0162646_013993.jpg

    ある男性が善光寺の御戒壇めぐりのあと犬になってしまった話があるが、ふと我が家の犬も、 かつては人間だったのでは?と思うことが多い今日このごろ
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-13 00:04 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(2)

GW

GWの後半は東京の国立市にあるプランターコテッジへ。

来月には取り壊しが決まっているプランターコテッジ。
たぶん私が行けるのはこれが最後。
4日は「つねこカフェ」なるものを開催しました。
長野で3年前からカフェをやり始めたわりに、手際が非常に悪い私の「つねこカフェ」は予想をうらぎらず、ばたばたでした。(笑)
来てくださった皆様、ありがとうございました。

プランターコテッジに今回3泊して、思っていた以上に寝心地がよかったので驚き、もっと泊まってみればよかったと後悔。
ちょうど季節がよかったこともあってか、土に囲まれ、朝は鳥の声が聞こえ、空からは山あじさい?の花が雪のように舞っていて、そして亜熱帯のジャングルの中にいるような湿度。。。
不思議な感じで旅行しているような気持ちだった。

そう言えば、プランターコテッジを作り始めたのはフィリピンを旅行して帰ってきた一ヵ月後。
フィリピンのエルニドで泊まった宿のイメージがいまだに頭から離れない。

そしてプランターコテッジを運営してくれている「森のしずく」のメンバーの人たちとの食事会は、おいしいものがいっぱいで、食欲をおさえることができませんでした。
とくに私の席の近くのメンバーは、私を筆頭にハイエナのようなメンバーたちだったので(笑)、次から次へと食べてしまい、あとから来る人のために取っておいた分まで私も手をだしていました。
そして、なんだか笑いがとまらなくて、久しぶりにおなかを抱ええ笑った食事会でした。
写真も取り忘れ。。。

こんな楽しい食事会は、たぶん4年ぶりかな?
「最後の晩餐だね。」と言いながら、皆で食事。
本当に楽しかった。

今朝、プランターコテッジから持ってきた植物を夫が玄関先に並べ、プランターコテッジのことをあれやこれやと思ったり。
やっぱり、あの場所は植物のすみか?コテジのすみか?こびとのすみか?妖精のすみかのような気がしてならない。

場にこんなに思いが残るのは自分にとって初めての経験だなと思うのでした。

プランターコテッジさん、ありがとう。
たくさんのこと、もの、人と出会えました。


a0162646_2254369.jpg

a0162646_23281759.jpg

   プランターコテッジから来た植物たち  at マゼコゼ ↓
a0162646_22555164.jpg


a0162646_2315875.jpg
a0162646_2321590.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-05-07 22:58 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(6)

エコビレッジ

今日は小諸エコビレッジの春祭へ。
知人が作ったゲルは独立型太陽光発電装備で今回の春祭の中心といえるものだった。

自然エネルギーを使って実践している場所はいくつかあるが、私が最初自然エネルギーというものに出会うきっかけを作ってくれたのは、夫が講師でときどき出かけていく岩手の森と風の学校。いろんな自然エネルギーを利用して様々の知恵を私たちに教えてくれる学校だ。

そして今日は長野市からも車で1時間弱で到着できる小諸エコビレッジ。
このゲルは直径8メートル。独立型太陽発電で350Wの電気が使えるそうだ。
ゲルの中では山本宗補さんの「福島」の写真が飾られていた。
餓死する牛の写真が印象に残る。

自分の生活も本当に矛盾してるなーというのが写真展を見た後の感想。

明日は娘の遠足で、「1回ぐらい冷凍のシューマイとかお弁当に入れられないのかな?お弁当のセンスないなーお母さん」とつぶやく娘。「うちは電子レンジ使わないから、冷凍食品は基本的に無理。」と答える私。
「蒸し器でやればいいじゃん。」と娘。「ガスを結構使うじゃん。ロケットストーブ焚いてるときだったらね。」と永遠とつづく問答。

薪でご飯を炊けばいいし、料理もすべて薪ですれば、ガスもいらない。
私が知っている上越に住む瀬谷一家は料理もお風呂も全て薪。ガスは通ってない。
すごいと心底思う。

幼稚園に行っている娘さんもいるから、きっとお弁当も毎日だ。
薪ですべてまかなっている。すごいとしかいいようがない。

矛盾だらけの自分の生活。なんとか少しずつ修正していかないと最終的にとんでもないことになりそうで、これからも永遠と修正生活は続く。 ちょっとでも修正していって、餓死する動物の数が少しでも減って欲しい。
a0162646_23542964.jpg
a0162646_23544230.jpg

     女性が一人でティピをたてていた かっこいいな
a0162646_23545352.jpg
a0162646_2355796.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-04-30 23:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(1)