カテゴリ:出会ったコト・ヒト・モノ( 84 )

植物

ゆきちゃん&のぶちゃんの二人「のとゆ」の作るものは、かっこいいなーといつも思っているのだけど、ちょっと前に小川村でマルシェに出店していると聞いて、出かけた行った。
ロケットストーブで沸かしたお湯で、自家焙煎したコーヒーを入れてくれるゆきちゃん。屋号は「枝ピースコーヒー」。
ブースの中には「のとゆ」が草木染めして作った帽子やショールなどが並んでいた。
植物の話をいろいろ彼らから聞くととても興味ぶかく、植物を二人は本当に愛してるんだなと思う。
このところ胃腸の調子が悪かった私は、のぶちゃんから「せんぶり」を頂いた。本当に小さい1本の「せんぶり」を煎じて飲んだら、さすが「せんぶり」。
1本といえども、めちゃくちゃ苦い。千回振っても苦いから「せんぶり」と名前がついたというぐらい。しかし、良薬口に苦しといった感じで、なんとなく効いている感じがする。
植物の偉大さ。
今日も『せんぶり茶』を飲んで、植物の世界に浸る。
a0162646_2344795.jpg
a0162646_23435785.jpg
a0162646_23434622.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-05-17 23:46 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

ねこぽぽテラス

ただ今、ねこぽぽテラスで開催中の『四辻藍美+・・・ アイヌ刺繍展 「一本の縄から始まる 光と風と緑につつまれて」』は残すところ明日とあさって。 

藍美さんや、藍美さんの生徒さんのアイヌ刺繍の作品を外で見ると、それはまるで精霊が宿っているかのようで、こちらまで神聖な気持ちになる。
緑につつまれて、何かに守られているという気持ち。
展覧会見れてよかった。

展覧会ご興味ある方は是非お出かけください。美味しいピザも食べれますよ。

ねこぽぽテラスhttp://nekopopo.com/

a0162646_21472335.jpg
a0162646_2147526.jpg
a0162646_21464192.jpg
a0162646_21462952.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-05-09 21:49 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

しめりけの森

小林野々子さんの展覧会は、いよいよ明日が最終日。
今回の展覧会は、野々子さんの描く森の中にいるような、そんな暖かい展示。

ちょうど、展覧会の始まる2日前。家の前で野良猫が車にはねられるに出くわしてしまい、その猫を助けたいと病院に連れて行ったものの、検査はできたけど野良猫のため触られるのを嫌がり、病院の先生もお手上げ。うちにつれて帰ってダンボールに入れて、箱の外から息を確かめ、お水を箱の横から穴をあけていれたりして、もうだめかなと様子をみていたら、翌日には自力で箱から出て行ってしまった。血まみれの野良猫。どこにそんなパワーが残っていたのかと思うけど、あれからちょうど今日で一週間。猫とはまだ再会していない。そして、ちょうど猫がいなくなったと同時に娘に持たせていた携帯電話がなくなった。こちらも、あれからでてこない。

野々子さんの描く森。いろんなものが見えたり隠れたり。
永遠のかくれんぼ。

お時間ありましたら、ぜひ森にいらしてください。
a0162646_21324392.jpg

 春らしい花の棚 こちらがマゼコゼです
a0162646_21323361.jpg

 ワークショップの様子
a0162646_21322260.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-25 21:34 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

種まく人工房のワークショップ

昨日の「麻とウールでベルトを織る」ワークショップは、道具も手づくりでかなり原始的な方法で織るという、またしても今回ハードなワークショップとなりました。(笑)
といっても、種まく人工房の前回のワークショップのカード織りと比べれば全然楽ちんな感じがしたのは私だけだでしょうか?
腰ばたといって、体の一部が織り機となって、織る方法でベルトを作るワークショップ。
体が道具の一部となるので、どこでも織ることができる。
織りって、こういったふうに始まったものなんだなと改めて思ったワークショップでした。
a0162646_23174084.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-02-24 23:20 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

鳥が飛ぶ

前田一郎さんのガラスと高山宗久さんの陶器の展覧会『海の焼き物と山のガラス 長野木枯らし編』もあと残すところ5日間となりました。
高山さんの作品を前にすると私は韓国にあった茶館のことを思い出したりするのですが、先日初めて訪れてくれた信州大学の学生さんが韓国に留学していたというので『ソウルのインサドンにある茶館で鳥がお店の中を飛んでいるところがあったんだけど。。。』と話してみると『今もありますよー』という返事。
なんだか、とても嬉しくなった。
マゼコゼも2階の作品が展示してあるスペースはロケットストーブの余熱でじんわり暖かく、ちょうどオンドルのようなぬくもりが感じられるスペース。それもあってか、なんとなく私は高山さんの陶器を前に、一人鳥が飛ぶあの茶館を思い出しては、一人韓国に旅行している。
a0162646_22363161.jpg
a0162646_22362246.jpg
a0162646_22354086.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-12-22 22:36 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

土の部屋

昨日は遠藤由章くんの即興お話会。
9月末に2児が誕生予定の由くん。この日は私もお話会に参加した。
由くんの話は時にとてもスピリチャルだけど、八坂の家を訪れて、そこで生活している遠藤家を見ると当然でてくる言葉、お話だなと納得する。

そして、今日は八坂の家に先日設置したロケットストーブを見にいった。
由くんの奥さんは、このロケットストーブを設置した土の部屋で出産予定。
とても落ち着く土の部屋は韓国のお家を思い起こさせる。

昨日の即興お話会で参加者のかたにマヤ暦に詳しいかたがいた。
その方に私も調べてもらうと私は「青い手」を持っているらしく、それは手仕事にたけていたり、手仕事によってパワーをもらったりできる人だという。
ボディーワークなんかも向いている人ですよと言われた。

由くんは縄文ボディーワーク、奥さんの朋ちゃんはエサレンボディーワークの施術師。
いつか、この土の部屋で施術を受けたいと思いながら、韓国のようなこの部屋いつか自分もほしいなと思うのだった。
a0162646_01425100.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-09-18 00:16 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

門前蔵サロン

今日は門前蔵サロンの日だった。
今日は、一応1クール最後の日。
そしてまた10月から新たに始まることになっている。
いろんな方が参加してくださり、これからまた新しい可能を感じる門前蔵サロン。

詳細は、後日またお知らせしますね。
楽しみにしていてください。
a0162646_2321098.jpg
a0162646_23213965.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-09-10 23:23 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

瀬谷くんち

上越に住んでいる友だちの瀬谷くん一家。
1軒めの家も100%セルフビルド。そして2軒めのさらに大きい家も100%セルフビルドの家。
廃村になった村に瀬谷くんは2軒の家を建てた。
そして去年の豪雪で2軒めの家が雪で押しつぶされてしまった。

この前の日曜日、久しぶりに瀬谷くんちを訪れた。
崩壊してしまった家を今すこしずつ瀬谷くんが建て直している。
そして最初にたてた1軒めを、少し改装して瀬谷くんたちは住んでいた。
いつも瀬谷くんちに行くと、気持ちが前向きになり、何が大事なのか彼の口から聞かされ無くても感じて帰ってくることができる。
夫も急に「瀬谷くんちに行きたい」と言う時が年に2回ぐらいある。
夫がどこかに行きたいということは本当に稀なので、貴重なことは娘も私も知っている。

瀬谷くんち。我が家にとってはなくてはならない家だなーといつも思う。

a0162646_18183962.jpg
a0162646_18184840.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-09-04 18:21 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(2)

京都

実家の三重に帰った次の日、Kさんが住む京都へ向かった。
2ヶ月ぶりに会うKさんは元気そうで、彼女の関西弁を聞くとほっとする。
Kさん宅に泊まらせてもらって、翌日は京都観光。
今回は犬づれということもあって、お寺を回るにも犬がOKなところがあるのかどうか調べながらの観光だった。

Kさんの家は東寺の近くにあって、とてもいい感じのところにある。
下町っぽくて私は好きな感じだった。
久しぶりに来た京都の印象は香港や台湾といったアジアのイメージ。
ちょっと、わくわくする気持ちが嬉しい。

京都といえば、行きたいところはいっぱいあるけれど、まずは犬と娘を優先。
しかし、今回はなぜか夫がお寺だったらやっぱり三十三間堂がいいなーなど、さりげなく主張していて(笑)、お昼もやっぱり天一だよなーと、犬と娘優先といいながらも、さりげなくというか、運転するのは夫だったので自分の行きたいところに迷わず誘導していた。
ちょうど天一の本店の近くにガケ書房があり、私はそこで買いたかった本「貝殻となり」をゲットし、どこかでコーヒーをKさんと一緒にのんびり飲みたいと思っていたが、それはやはり無理だった。
最後に犬も同伴OKの南禅寺を見て帰ることに。

Kさんのおかげで、京都観光が犬と一緒でもできて本当にありがたかった。
犬と一緒にいると、本当に行けるところが限られる。冬は車の中に入れておくこともできるけど、夏は車に冷房を入れておいても危険。
しかも、犬も一緒に泊まっていってといってくれたKさん。娘は「こころ広すぎー(笑)」と帰りの車の中でも言っていた。
翌日、3年ぶりにマゼコゼを訪れてくれたM君。前は東大の大学院に行っていたが、今は京大の大学院に行っていて、京都に暮らしているという。昨日私たちも京都にいたんだよと伝えて、京都情報をいろいろ聞く。
Kさんにもまた情報送ろう。きっとまた繋がるね。
a0162646_20424971.jpg

    三十三間堂にて 歴史好きの父親は娘に説明をしまくる(笑)
a0162646_20421519.jpg

    南禅寺の水路閣
a0162646_20415099.jpg

    天下一品の総本店
[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-08-19 20:47 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)

お盆

a0162646_2359220.jpg
今年は、久しぶりに夏休みらしい夏休み。
お盆に私の実家に帰省することは、ここ10年ぐらいなかったので、今回の帰省は自分の中では遠い夏の記憶を呼び起こすこととなった。

去年の12月に私の父が亡くなって今年が初盆。
帰省するとなって一番問題となるのが犬。
ペットと一緒に泊まるホテルというのもあるけれど、それもあまり気が進むホテルが無いので今回はキャンプ。
キャンプにして正解だった。

海に近いキャンプ場は父のお墓にも近く、海水浴にも娘を連れて行ってあげることができた。
海で娘や夫や我が家の犬(初泳ぎ)が泳いでいるのを見ていたら、父が私が小さいころ海に連れて行ってくれたときのことを思い出した。
海に入って泳ぎだしたと思ったら、あっという間に姿が見えなくなる父。
子ども心に、ちゃんと戻ってきてくれるのだろうか?と不安な気持ちでいっぱいになりながら父が戻ってくるのを待っていたときのことを思い出した。
娘は海に入れてとても嬉しそう。
我が家の犬は初泳ぎにあせりまくっていたが、ちゃんと犬かきをして泳いでいた。

夏の海。貝殻がいっぱいあって、いくつか拾う。
家で貝殻を耳にあてて音を確かめる。海の音。
帰省してよかった。

a0162646_23535034.jpg
a0162646_2352432.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2012-08-18 23:55 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)