カテゴリ:『小さな芽』( 76 )

大笑い

今日は娘の学校でマラソン大会があった。
3,4年生は8時半から新城山公園でスタート。
この前の練習では9位だったと大喜びだった娘。
1年生の時は2位、2年生では20位ぐらいだったかな?そして今回は少し気合が入って10位ないを目指すと言っていた。

しかし、とんでもないことが起こってしまい、娘は今日はずっと学校から帰ってきても一人部屋で泣いていた。
というのが、毎年思うのだけどゴールの場所が曖昧なのと、先生の番号の札を渡すタイミングというのがとても複雑で。今年も例年通りゴールの位置は曖昧。しかも4年生のタイムの遅い子と3年生のタイムの早い子は重なってしまう仕組み。まずは4年生の女子が最初に走り、そのあとに3年生が走るのだが、ゴールは同じ場所でポールが置かれているところの右が4年生、左が3年生となっていた。これはわかりにくいなーと思っていたところ、娘が13位ではいってきたのだが、すんなり4年生の方に入ってしまい、先生も何も気づいていない。娘がもどって先生に訴えるけど、先生も他の子のタイムがあって相手もできない。しかし、先生が4人いたので、あの対応はないだろうと私は思ってしまったが、娘は泣きながら途方にくれている。思わず、私が娘に番号の札をもらってらっしゃいと伝えたら18位の札を渡され、先生たちも何も無かったような感じ。
あんなに頑張ったのに、これはかわいそうだなと思ったのだが、娘も下を向いて泣いているばかりで声もかけられない。そのあと私は仕事もあるので家に帰り娘が帰ってきたらどう話かければいいか頭を悩ましていた。そして4時半ごろ帰宅した娘は予想どおり口もきかず2階の部屋に閉じこもって泣いている。それでも6時近くになったら少しは漫画を見て元気になったので犬の散歩に夫と娘と私とで出かける。娘が図書館近くの太平堂でパンを買いたいというので、『今日は何でもかってあげる。』と娘と私は一緒にお店に入った。
そしてレジでお金を払おうとすると、お店のおばさんが『兄弟?』と私に聞いてくるので「え?」と聞き返すと再び『兄弟じゃないの?あんた大学生じゃないの?』と真顔で私に聞いてくる。そばで聞いていた娘は大笑い。「いいえ。どうみても兄弟には。。。」と私も笑いながら答えると、おばさんは『チェックの柄の服ふたりとも着ていて兄弟かと思ったわ。』と真顔で言う。
娘は笑いが止まらないようで、すぐ外に出て犬と一緒に待っている夫に報告。
そのあと私も笑いをぐっとこらえて「ありがとう」と言って外に出て夫に話すと『夕方で疲れて目が見えなくなってるんじゃないの。』と夫も必死で笑いをこらえている。

目が悪いことって時には人に幸せを運ぶのだと確信した私は、娘が大笑いしているのを見てやっとホッとできたのでありました。ありがとう太平堂のおばさん、いやお姉さん。(笑)
a0162646_21395782.jpg

今日は大好物のホットケーキでも泣きやまなかった娘
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-11-04 21:45 | 『小さな芽』 | Comments(4)

この10日間

我が家に犬がやってきて、早10日。
まるで、赤ちゃんがやってきたかのような日々が続いている。
朝は目覚ましがなったあと起こしに来てくれるのはいいが、耳を引っ張られたり、顔中なめられたり、髪を思いっきりひっぱられたり。。。。。。
そして、外出しようと自分の靴をふと見ると新品だったのが思いっきり噛まれてすでにボロボロ。
お客さんが来てくれる昼間は比較的おとなしく?なんとか今のところなっているが、夜家族だけになると急に元気になり、一緒に遊ぼ攻撃がすごい。

あっという間に一日がすぎていき、やろうと思うことが半分もできない今日このごろ。
つらいなーと思いながらも、ふとワンコの寝顔を見ると、まあしょうがないかと思うけど、今もショールをまきながらパソコンしていたら、ショールをいきなりひっぱりにきて、窒息するところだった。
油断するとすぐやられる。
手の届くところにあるものには、とりあえずなんでも口に入れる。
小さい子と一緒だなーと思いながら、いつか落ち着いてくれるのだろうか?と希望といだく。
寝るときには家族全員くたくたの今日このごろ。しかし、寝顔をみて皆で「かわいいー」とつぶやく。この情景って、娘が1歳の頃のときと全く同じだ。しかし、今はその娘も一緒に「かわいいー」と言っている。
そして朝になると自然と名前を呼んで居るのを確認している。。。

a0162646_2224117.jpg

       犬用の門(夫作)
a0162646_22241697.jpg

      戸隠に水をくみに
a0162646_22243260.jpg

       飯綱の麦星さんにて 麦星さんとこのワンちゃんに吠えられてにげる
a0162646_22244628.jpg
a0162646_2225095.jpg

   ↑ 黒姫、まあるちゃんの「はらっぱのーと」周辺 やはりこの日も霧がでた
a0162646_231168.jpg


↑先日、夫が漢方の先生から腎機能が落ちているからアケビを食べるように言われたのでアケビを黒姫で購入 夫はライスを挟んでアケビの挟みあげを作った 精進料理のようで美味しい!
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-10-04 22:31 | 『小さな芽』 | Comments(0)

とうとう我が家に犬がやってきた。

昨日、娘が誕生日に欲しがっていた犬の話がついに実現した。
夫がネットで福島の犬を保護している団体のサイトを見て、新潟に娘が好きそうな犬を発見。
朝から新潟に行ってみるかと夫が言った。

娘と私も一緒に車に乗って約2時間半の旅。
サイトでは、飼い主の環境を見届ける為、犬を家まで運んでくれると書いてあった。
そして、現地に到着してネットに出ていた犬のことをたずねると、その犬は里親がもうすでに決まったとの事。
残念だけど、里親さんが決まったのならそれは嬉しいことだ。そして、周りをみわたすと里親募集の犬や猫がまだまだいっぱいいる。そうこうしていたら、なんと娘の大好きなビーグル犬がいて、娘はもうすでに目がハート。

そしてスタッフの方が長野からわざわざ来て下っているので、今日そのままつれていってくださっていいですよとの言葉。
まさか、そんなにすぐにと思ってなかった私は驚いたものの、娘はもう一緒に帰らないなんてありえないという目つき。

とうとう、我が家に新しい家族がやってきた。
丸一日たって思うのは赤ちゃんが我が家にやって来た感じ。娘は大変よく面倒をみるし、夫はなんだか完璧に赤ちゃんに接する態度で、あれこれやってくれる。

さあ、これからどうなるか?未知の世界に突入だ。

a0162646_23172716.jpg

さて、どんな出会いがあるのだろう?
a0162646_23174441.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-26 23:21 | 『小さな芽』 | Comments(4)

娘の誕生日

昨日は娘の誕生日。
1桁最後の誕生日だった。

「誕生日の朝は、くさいおめでとう!って言ってね。」という娘。
くさいは、もちろん9歳の意味。
ときどき、娘は不思議なことを言う。

「くさい、くさい。」みんなで朝から「くさい、くさいおめでとう!」と言う。
東京からKさんや、わらべうたの知恵さんも来てくれていて嬉しい誕生日だった。

「おかあさんからは、いつもいっぱいプレゼントもらっているから誕生日プレゼントはいらないからね。」と言う娘。

ときどき、娘は不思議なことを言う。

a0162646_23561239.jpg
a0162646_23562373.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-24 23:57 | 『小さな芽』 | Comments(4)

父と子の料理教室 その3

まだまだ続いてます父と子の料理教室。
今日は「アジには、ぜいごがあるので取り除く」と娘はちゃんとメモしたりして、驚きます。

子どもは脳がスポンジのようだから吸収するのが早く、一度覚えると忘れないのですね。
今日、学校の給食センターの話で「カツオは硬いけど、イワシは弱い。だから鰹節も硬いし、イワシは漢字でも鰯って書くけど、痛むのも早いし、やわらかいと言っていた」とずいぶん通な話を私にしてくれたり。
驚くばかりです。
本当にそのうち、魚料理をやってくれそうで嬉しいなー。

私は料理を母親から習った記憶がないのですが、うちの場合、娘には父親から習った記憶は確実に残りそう。父と子の料理教室まだまだ続きそうです。
a0162646_22303092.jpg

   しばらく魚料理つづきます
a0162646_22304377.jpg

 かつてフィリピンにクライミングにでかけたことがあります
 東南アジアは魚が生のままだと傷みやすいからすぐ揚げ物にするけれど
 クライマーのTシャツ プラナ この姿で魚あげていると確実にフィリピンの人
a0162646_22305443.jpg

   ↓ クラミング道具を出してみたら、いっぱいあるなー
a0162646_2231512.jpg

    ↓ 絵本すこしずつ売ってます
a0162646_22311618.jpg
a0162646_22312738.jpg

    島田商店の道具も売ってます 欲しい方は早い者勝ちですよ
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-13 22:36 | 『小さな芽』 | Comments(0)

父と子の料理教室 その2

今日は、朝から調子の悪かった私に気づかってか?朝昼晩と夫と娘が料理してくれた。

最近はマゼコゼのランチも夫が作ることが多く、ご飯も先週からはずっと玄米になっている。

このところ夫はステロイドに加え、免疫抑制剤も病院からでているので、これから風邪をひいたりすると治りにくいこともあり食には随分と気をつけるようになった。
魚中心の食事で、ご飯は玄米か酵素玄米。
野菜は夫の場合のどを通る時に問題のあるものは食べれないので限定されるが、粘り気のあるご飯や、魚などは取ることができるようになったので、このところ食べれるものが増えた。
私が魚料理を上手くできないことを知っている夫は、このところ娘に魚のさばきかたなどを教え、父と子の料理教室は毎晩のようにつづいている。
そして、左利きの娘は包丁を使うときは右で使うようになってきて、器用に右でこなしていたりするので驚きだ。右利きの私が急に左で包丁を使えと言われても絶対無理なのに。。。

そんなこんなで父と子の料理教室は毎晩つづき、夢のような日々がつづいている。
a0162646_2343418.jpg
a0162646_2344579.jpg
a0162646_23442433.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-04 23:47 | 『小さな芽』 | Comments(1)

父と子の料理教室

このところ魚料理を作ってくれる夫。
そして娘も楽しんでお手伝い。
昨日は魚の内臓を取り出すお手伝いをしていたし、今日は魚に小麦粉まぶしたり、焼いたりするお手伝いをしていた。

私が料理をするときも娘は手伝いたがるのだが、左利きの娘に包丁の使い方を教えるのも右利きの私としては一苦労で、時間がないからと言っては娘にあまりやらせないので、娘も途中で諦める。

しかし、夫は私とは正反対で娘にいろいろやらせるし、時間がないということは絶対言わないので料理もゆっくり、しかも楽しんでやっている。なので、娘も楽しそう。

彫刻家の夫にとっては、作る作業は楽しいものだという考えがしみついているし、実際楽しそう。
そういう姿を見ると、たまにやるからかな?と思ってしまったりするが、そういうことでもなさそうだ。何でもゆっくり丁寧にやるというのが、しみついている夫。娘が字を書いている姿を見ると、夫とそっくり。昨日は娘が「包丁切れてないんじゃない」と言っていたが今朝から夫は包丁をとぎ、料理にそなえる。
そういった二人の姿、見習わなくてはとつくづく思う。
a0162646_2214574.jpg
a0162646_22141863.jpg
a0162646_22143026.jpg
a0162646_22144513.jpg
a0162646_2215175.jpg
a0162646_22151443.jpg

   いわしの蒲焼のできあがり

a0162646_22181278.jpg

   岩手の森と風の学校の椅子 屑鉄となっていた南部鉄で作った
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-02 22:22 | 『小さな芽』 | Comments(2)

太陽の味

「トマトって太陽の味がするね。」と娘に話すと
「太陽の味って、どんな味?」と聞かれ
「だから、この味」と私が答えると「???」の娘。

「甘いんだよね。砂糖の甘味じゃなくて、おひさまにあたったときの甘味と言いたいけど、それともちょっと違うの。」と言っても、たぶん説明不足。

太陽の味って、なんて言ったらいいんだろ。
太陽をたっぷりあびたというだけじゃ太陽の味じゃなくて、ちょっと不完全な甘味と言えばいいのだろうか?
甘いんだけど、人工的には作れない甘味で、だから完璧な甘味では無く、説明はむずかしい。

そして私が太陽の味がすると感じるのは夏の採れたてのトマトであって、他の野菜や果物では太陽の味という言葉はでてこない。
私にとって、この味が太陽の味と堂々といえるのは夏の採れたてのトマトだけ。

「お母さんって、わかんなーい。」と笑いながら言う娘を横目に、気持ちを言葉にするのは難しいけど、いつか太陽の味わかった!って娘が言ってくれる時が(そんな時あるのかしらん?)、お母さんのことわかったよと言ってくれる時なのかな?とふと思ったりした。

「太陽の味」説明は難しい。
a0162646_13535994.jpg

   写真はトマトじゃなくて「しまうり」
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-01 13:56 | 『小さな芽』 | Comments(2)

今日は地蔵盆

今日はお地蔵様の縁日。去年もおととしも、このお盆縁日に出かけていった。
子どもたちを守ってくださっているお地蔵さん。
今年は娘が股関節炎になっていて、できれば歩かせないようにとのお医者さんの言葉もあったのだが、娘はどうしていも行きたいというので、お盆縁日に出かけていった。
行く先々のお寺さんや坊と院にて、お地蔵さんにおまいりして、帰りにお菓子をいただく。
娘はこのお菓子が目当て。

今年もたくさんもらって本人は大満足。
もうちょっと回りたいけど、やはり足も痛くなり家に向かう。
地蔵盆は子どもたちにとっても特別の日。
両手をあわせてふかぶかと頭をさげて拝んでいる子どもたちを見ると、けなげだな~と思い、ふとお地蔵さんの顔を見てみると、。お地蔵さんも、いとおしそうに子どもたちを見つめていた。
a0162646_232858.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-08-23 23:04 | 『小さな芽』 | Comments(7)

夏休みの自由研究

長野の夏休みは短い。19日から2学期が始まるので休みはあと4日。
とは言っても今年は娘が通っている小学校が工事している関係で7月20日から休みが始まり、娘いわくこんなに長い夏休みをとる学校は長野では初めてらしい。ちょうど1ヶ月の夏休み。たしかに、去年は2週間?3週間ぐらいだったような。
長い夏休みだったが、今年は宿題に悪戦苦闘。
特に3年生になって初めて出た自由研究。
これが、結構大変。
娘なりにがんばっていて、私も助手のように手助けしているが、なんせ時間がかかる。
娘の自由研究は「ハーブの色について」。
「このハーブはリラックス作用があるらしいな。でもリラックスしている場合じゃないしなー。だいたいテーマは色についてだしな。」と言いながらやっている娘は、なかなかなものである。
しかし、一向に進なない。(苦笑)
娘の本来の性格がよくわかる自由研究。私も助手をやりながら、いろいろ勉強になります。(笑)
a0162646_17134817.jpg
a0162646_1714334.jpg
a0162646_17141618.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-08-15 17:16 | 『小さな芽』 | Comments(0)