カテゴリ:RIKI-TRIBAL( 34 )

東北から

東京国立市のPlanterCottageから繋がっている仲間たち、長野市カフェ・マゼコゼから繋がっている仲間たちが提供してくれた絵本やおもちゃ他、たくさんの支援の品々を車に積み込み東北の仲間たちの元へと向かった。

自分は、気分にムラがありすぎのかなり難のある性格だと自覚してはいるものの、基本的には馬鹿が付くほどの楽観主義者で、「まぁ、なんとかなるさ」でここまで生きてきた…という根拠は乏しいながらの自信もある。
にもかかわらずあの日以来、自分の心は常に不安定なままで、「とにかく何かしなければ…」という焦りにも似た気持ちは、結果、日常のいたるところでアンバランスさを招いている。
自分が何をすべきなのかということを考えることは必要だけれど、想像だけで物事を考えていると、結局は、できないことの理由探しに至ってしまうことは多い。
だから、離れたところからあれこれ考えていないで今より一歩近よってみることが大切。
そう、今までもずっと自分がそうしてきたように、動けるだけの体力とわずかながらの気力があるならば、そこに行って、そして歩きながら考えればいい。
自分にとっての答えの出し方はそれしかない。

そしてようやく…ようやく東北に行けた。
被災地で懸命に支援を続ける仲間たちや宮城や岩手の友人や東北の地で出会ったたくさんの子供たちとの間にあるつながり。
そうしたつながりを辿ろうとする私に、絵本やおもちゃや支援の物資を託しつつ、後押ししてくれた東京や長野の仲間たちがいたからこそ。

みんな ほんとうに喜んでいました。
東北の地でたくさんの笑顔に出会えたことを報告します。


今回の東北で私が感じたことはほんとうにたくさんあった。
中でも、東北を…そして私たちにとっての「今」を、五感で感じなければならないと強く思った。
これほどまでに感性の必要性を…感じることの大切さを思ったことは今まで無かった気がする。

東北を東北という部分としてとらえるのでは無く、私たち全体として感じたい。
部分を積み重ねても決して全体にはならない。
全体は一つの有機的なつながりでつくられていて、部分の和とは異なるもの。
全体を部分として切り刻むことはできないのだ。


少しずつになるとは思うけれど、自分が感じたことを伝え、そして、みんなともっとたくさんの話しがしたい。
報告も少しずつ書きます。


みなさんと繋がっている  に感謝です。

小池マサヒサ 記



a0162646_9331898.jpg

    石巻市湊中学校 3階4階の教室は避難所。


a0162646_9333841.jpg

  神社の鳥居は山際にある。この鳥居をくぐって山の上に避難して助かった人は多い。


a0162646_9335833.jpg

    大潮の3日前の夕暮れ。市内は70cm~80cm陥没


a0162646_9341230.jpg

    石巻災害支援協議会に集まった様々なボランティア団体のリーダーたち


a0162646_9342476.jpg

    南三陸町の惨状を言い表す言葉が思いつかない。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-04-21 09:46 | RIKI-TRIBAL | Comments(2)

だから 今 わたしはArtする

あの海 あの空 あの空気
私の中には今もしっかりとあり続けています。

色々と考えてみたりしました。
あの海 あの空 あの空気
だから今わたしはArtしたいと思います。
そして、これからもずっと。



3月5日 
長野県の北部、 信濃町黒姫 でアート展があり、
インスタレーション(Installation)作品を制作しました。

雪の上で遊ぶアート


この日、眩しすぎるほどの太陽の光は、真っ白な雪原と空の間にある境界線を曖昧にし、
周囲にある全てが混じりあうことでつくられる 美しさ を感じることができました。

全体とは一つの有機的なつながりそのもの。
「美しさ」とは全体を紡ぎ出す関係の網の目の中にあるものだと思います。
部分とは、不可分な関係網の中にある途切れた一つのパターンにすぎないもの、いくら部分を積み重ねても決して全体にはなりません。
部分から部分を辿るのでは無く、不可分な関係性の網の目の上を歩くという意識を持つことによって、今 目に見えている事実の先にある、今はまだ目には見えないものとの間にさえも、有機的な繋がりを見出すことができるようになるのだと思います。

Mar.5.2011 
雪と太陽熱 との間にある関係の網の目を歩くことにしました。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-03-16 23:59 | RIKI-TRIBAL | Comments(1)

「美」はどこに

土曜日に開催したロケットストーブワークショップの開催中から降り続いていた雪は、昨日の朝には30CMほどの積雪となり、長野市内は本格的な雪一色の景色へ。
雪はさらに降り続き、今日の朝のマゼコゼ前の積雪はおよそ40CMぐらいになりました。
昨日、娘は大喜びで、「よ~し!かまくらつくるぞ!!」と張り切って雪集めしていましたが、雪は、かまくらも雪だるまもつくれないほどの完全なパウダースノーで、もう少し気温が上がって雪が緩むまで、かまくらづくりはおあずけとなりました。
a0162646_10213796.jpg


そんな昨日、「長野郷土史研究会」の総会記念行事 「世界から見た善光寺と門前町」 があり、この大切な行事に恥ずかしながら私(小池マサヒサ)も報告者の一人としてお招きに預かりました。

はじめに「世界から見た善光寺と門前町」と題した講演。講師は、東京文化財研究所文化遺産国際協力センター特別研究員の秋枝ユミ イザベル氏。
世界という視点から見た、善光寺と門前町の可能性とはいったいどのようなものであるのかについてを幾つかの視点からお話し頂きました。
『不変の軸を持ちながら変容を繰り返してきたまち、それが善光寺と門前町であり、これは数ある世界遺産と比較しても引けをとらない大きな可能性…』
この視点は大変興味深く印象に残りましたが、秋枝氏も言うとおり、こうした世界の注目に値する、「善光寺と門前町の価値を、いかに世界の言葉で発信するか」こそが、この町に暮らす私たちが共有すべき重要な課題だと思います。

その後、長野情報編集長の田川賀子氏からは、善光寺門前…大門町にある商業施設「ぱてぃお大門の商家と蔵」についての調査結果報告。
かつて門前にあった商家やそこにあった蔵についてのきめ細やかな調査内容は、さすが日本初の地域情報誌、長野情報!という充実した内容。
記録を残すことの大切さを感じました。
私の正直な感想として、妙に綺麗なだけの、何処にでもあるような商業施設…という印象が否めないのが「ぱてぃお大門」。
ところがそこに、「過去と現在を繋ぐ視点」を持ち込み、その視点をもって眺めることによって、そこにあるものは同じでも全く別のものとしての見えてくる。大きな資金を投入し集客する方法とは全く異なる、持続性豊かなまさにこれからの時代に無くてはならない方法だと思います。
「立ち位置を変えること」が如何に重要かと考えさせる報告でした。


そして私の報告…
事前に郷土史研究会から頂いたテーマが「なぜいま門前にひかれるのか」であったのですが、これについての報告というよりは、私が常日頃感じている、「門前にひかれる理由」を3項目に分けてお話しさせて頂きました。
それは次の3つ。

1:「美」は何処に ~感性の扉ある街~
2:「古い」「ぼろい」…だから楽しい。だから面白い ~想像し創造する力~
3:持続可能性(Sustainability)ある街をめざして


その1、「美」は何処に ~感性の扉ある街~ について。
昨日の講演会でのお話とは少々異なる点もありますが、大体は以下のようなお話をさせていただきました。


私たち「人」は「美しさ」にひきつけられる という本能的性質を持っています。
私が門前町にひきつけられていることに何らかの理由があるとすれば、それはおそらく、
門前町には私をひきつける「美しさ」があるから。
ただ、その「美しさ」とはいったい何なのかについて、今はまだ明確な答えを出すことはできていませんが、『門前町では美しさを感じることができる』…それは間違いない事実。それこそが私が門前町にひかれる一番の理由だと思います。


人それぞれがひきつけられる「美しさ」は様々ですが、
①「美しさ」とはいったい何であるのか?
②「美しさ」はいったい何処にあるのか?
という二つの問いは、この社会にとっての必要性として過去から現在まで、美術…あるいはArtが存在し続けているもっとも本質的な理由なのではないでしょうか。


英語のArtは日本語では「美術」あるいは「藝術」と訳されています。
そもそもは「藝術」という言葉は明治時代にリベル・アート(英語:liberal arts)の訳語として造語されたそうで、まだ150年間ほどしか使われていない近代の言葉です。おそらくは広く一般的に使われるようになったのは、戦後になってからだと思います。

そのliberal arts の由来は古代ローマにおいての「技術」arsにあるそうで、
arsは、「手の技である機械的技術」=アルテース・メーカニカエ(artes mechanicae)と、「自由人の諸技術」=アルテース・リーベラーレース(artes liberales)とに区別され、そのartes liberalesの英訳がliberal arts、さらにその和訳が芸術ということになるそうです。
ようするに、現在使われている芸術・美術は、大きくは「技術」ではあっても、手技や職人技とは少々異なる意味を持っているということ。
かつてローマ時代、哲学を中心軸とした、「人を自由にするための学問」を原義としたリベラルアートから繋がる芸術・美術だからこそ、
・「美しさ」とはいったい何であるのか?
・「美しさ」はいったい何処にあるのか?
…という哲学的とも言える問いに、常に向きあっているのだと思います。


明治時代以前…藝術や美術という言葉が無かった時代、そんな時代であっても、芸術的・美術的な何かは、過去から現在までずっとありつづけてきました。
現代人である私たちの視点かられば明らかに芸術や美術であるに違いない様々を、美術も芸術という言葉も無い時代を生きた人々が「何」と捉えていたのかについては定かではありませんが、そこには、日本と呼ばれる土地に暮してきた人々が、過去から現在まで脈々と引き継いできた「美」に対する意識があり、そしてそこにこそ「美しさ」とは何であるのか?についての答えの一つが隠れているような気がします。


私が美術を選択するに至った理由について、今よりもう少し若い頃まではあまり他人に話すことはなかったのですが、最近ではそれを抵抗無く話すことができるようになった気がします。

私が美術…しかも彫刻という表現に魅了された大きなきっかけは、修学旅行に行った、奈良 東大寺南大門の金剛力士像との遭遇でした。今現在でもその仁王像の圧倒的な存在感は、私にとっての日本の彫刻の間違いなく第一位です。 a0162646_10164199.jpg
高校卒業後、私は、美術…しかも彫刻を志し、長野を離れ東京へと向かいました。
長野を離れる直前、善光寺に受験合格祈願に訪れたおり、善光寺仁王門の仁王像を見上げながら、「この仁王像、あの東大寺の仁王と比較しても負けちゃいないよなぁ…」と思いながらまじまじと見あげたことは今も鮮明に覚えています。

あの時私が、東大寺南大門の金剛力士像に圧倒された理由はなんだったのでしょうか。
私にとっての運命的な出会いとも言える東大寺での出来事…。 
「あの時のあの感じ」については東京に暮らし美術活動を続けるようになってからもしばらくは思い出すこともありませんでした。
大学を出て、画廊や美術館での発表活動しながら生活するようになって数年経った頃…、
自分の中に、これがArtなのだろうか?…自分が本当に求めるArtって何だろう?…という疑問が日々増大してくる感覚が続いていたある日、生まれ育った町にある、善光寺仁王門の仁王像のことが妙に気になったことがありました。
それは、私にとっての美意識の根底にあるものへの気付きだったのだと思います。
と同時に、あの時、突如として、私の美意識の上に覆いかぶさるように現れたのが奈良東大寺の金剛力士像だったのだということに気がついたのです。
その大きさに若干の違いはあるものの、自分にとって揺るぎない存在感であった善光寺の仁王像から感じていた美意識に戦いを挑むかのごとく突如として現れた「美」…
それが東大寺の金剛力士像だったのだと思います。
a0162646_10172324.jpg


東大寺南大門の金剛力士像は鎌倉時代に活躍した天才仏師、「運慶」・「快慶」らによる1203の作。
一方の善光寺仁王門の仁王像は、高村光雲と米原雲海 作で、大正8年(1919年)に完成。その時代差は実に700年。
この700年という時代差があることは事実でも、私の美意識においてはその差を全く感じることが無い…
それはいったいなぜなのでしょうか。

おそらくは、善光寺仁王門の仁王像をつくった高村光雲、米原雲海が、自分たちが生きている時代から700年も前の時代につくられた東大寺南大門の金剛力士像から。運慶らが生きた鎌倉時代よりさらにずっと以前からあり続けてきた善光寺という存在から。また、その善光寺と共にあり続けてきた町や人の暮しぶりの中から、過去から現在までを貫き、そして決して途切れることなく繋がり続ける、「不変的な美」を見出そうとしたからに違いない…と私は思うのです。
そしてそこにある何かこそが、町にしみ込んだ「美しさ」であり…その美しさへの気付きの瞬間こそが「感性の扉」なのではないかと思うのです。
                                   小池雅久記
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-01-17 10:17 | RIKI-TRIBAL | Comments(0)

sustainability

どうしてもこの時期が好きになれない自分。
来年の今頃こそはこの時期が好きと言っていたい…と真剣に考える今日この頃。

昨日、来たる2月に開催予定のシンポジウムでファシリテーター役を務める際の案内用に必要なプロフィールをお願いします…と連絡があった。
自分のプロフィールなので自分が書くのが一番良いのだけれど、こういうのってほんと難しい。

小池雅久…長野市生まれ善光寺門前まちにて育つ。高校を卒業後、美術大学進学をもくろみ上京。以後、東京都国立市に暮らしつつ、1999年、アートと街との関係を探る為のアートプロジェクト 「プランターコテッジ」の制作と活動をスタートさせ現在も継続中。2008年・2009年、文化庁支援事業「くにたちアートプロジェクト」を展開、同プロジェクト実行委員会副委員長。2009年、長野市長門町にアトリエ+住居を移す。同11月、「カフェマゼコゼ」をオープン。持続可能性をテーマとした美術活動を続けている。

ちなみに、プランターコテッジ(PlanterCottage)のBlogは、
http://plantercot.exblog.jp/

…と言うことで、私や私たち(リキトライバル)の活動を語る上で欠かせないワード…「持続可能性」についてちょっとだけ書いてみようと思います。

持続とは一般に、長く保ち続けること、長く続いていることを意味するものですが、哲学者ベルクソンは持続を間断なき意識の流れとして捉え、その流れは、計量不可能性、不可逆性、連続性、異種混交性を特徴とし、止めようなき自発、能動によるもの、このような持続を「純粋持続」と呼び、この純粋持続こそが自由の源泉であると言っています。
 このところ持続可能性=sustainability(サステナビリティ)という単語を耳にすることが多くなった気がします。でもそこで言わんとしているのは、環境問題やエネルギー問題であり、持続可能性がそれら問題を語る上での枕詞として捉えられがちである気がします。
地球環境の悪化やエネルギー源の減少や消失は、私たちの暮らし(経済)をもろに直撃する、目に見えやすい、理解しやすい概念なので、持続可能性問題=環境問題、エネルギー問題の解決…という式が導き出されるのはある意味当然かとは思います。
しかし、環境を地球というスケールで見るだけでは見えないものだらけですし、私たちにとって必要なエネルギーはいわゆる地球資源だけとは限りません。

環境コミュニケーションのオープン・プラットォーム であるジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)では持続可能性について次の5つの概念を掲げています。
①資源・容量:有限な地球の資源・容量の中で社会的経済的な人間の営みが行われること。ありがたい、もったいないという概念。
②時間的公平性:現行世代が過去の世代の遺産を正当に継承しつつ、将来世代に対してそれを受け渡していくこと。
③空間的公平性:国際間、地域間で富や財、資源の分配が公平に行われ、搾取の構造がそこにないこと。
④多様性:人間以外の他の生命も含め、個や種、文化的な多様性を価値として尊重すること。
⑤意志とつながり:よりよい社会を築こうとする個人の意志と、他者との対話を通したつながり、柔軟で開かれた相互対話と社会への参加

持続可能性として一般的に認識されている環境問題やエネルギー問題に端を発する概念は、主に①に呼応するもので、それ以外の4つ、②~⑤とまったく関係無いとは言わないまでも、持続可能性とはこうした5つの概念が相互に深く関係し合っているということについて見失いがちであることに気がつきます。
 今年10月、 「COP10」…生物多様性条約第10回締約国会議(COP=Conference of the Parties)が名古屋で開かれました。「生物多様性」とは、あらゆる生物種の多さと、それらによって成り立っている生態系の豊かさやバランスが保たれている状態、さらに生物が過去から未来へと伝える遺伝子の多様さまでも含めた幅広い概念のことを示めすものだそうですが、「生物多様性」についての理解は、持続可能性についての理解へのきっかけとしてとても有効だと思います。

美術(Art)との出会いは、私の生き方を決定するとても大きな出来事であったことは間違いありませんが、ある時から今現在まで、私は持続可能性をテーマとした美術活動を続けてきました。
私にとっての美術(Art)は、私たちが生きる世界が物質界と生命(意識)という異なる時間軸の流れの中にあるということに気付く大きなきっかけでした。この感覚はそのことに気が付いた瞬間から今もずっと変わらず持ち続けています。この先も、おそらく生きている限り、私はこのArtを手離すことは無いと思います。
あの瞬間以来私は、「生命あるいは意識がつくる時間軸を感じること」について考えて続けてきました。
この「間断なき意識の流れ」は概念や言葉では伝わらない…それは物質に流れる時間軸とは異なるものです。生命の時間軸、意識の流れを私たちがこの世の中で直接所与されるためには…?
私がそのためにつくろうとした場所。
それが東京国立市にあるPlantgerCottageでした。
1999年に始まるこの場づくりによって、私はたくさんの間断なき意識の流れをそこに感じてきました。
そして現在、東京を離れ長野に移り住むことを決めてからまず最初に始めたこと…。
それはPlanterCottageと同じく、生命の流れを直接感じるための場づくり…それがcafeMAZEKOZEです。
『私が感じるまま…』 それは概念や言葉から解放された生命という時間軸の流れに身をゆだねること。そこには「自由」があります。
生命の時間軸は逆向きにしたり、こま切れにしたり、並び変えたりすることはできないひとつの流れであるという感覚は私たちひとり一人の内に沸き起こる気付きからしか起こりません。
そしてその気付きは何時起こるのかもわかりません。
ベルクソンが言う「純粋持続」同様、「持続可能性」もまた自発、能動の先にあることは間違い無いと思うのです。        
          小池マサヒサ 記
[PR]
by cafe_mazekoze | 2010-12-22 12:13 | RIKI-TRIBAL | Comments(0)