2011年 08月 14日 ( 2 )

小さな芽 2003年7月~9月

2003年7月29日~9月21日 までの『小さな芽』 (茉莉花10ヶ月~1歳)
 


90 2003/09/21(Sun)  さかみち
a0162646_1684538.jpg

“ともだちに家はどこ?”って映画みたことありますか?
茉莉花が坂道を一人であがろうとしているのを見て、なんとなくその映画のワンシーンを思い出しました。いちおう彼女なりに道が二股にわかれていたり、坂道になっていたりすると、一瞬考えて動きだし、坂道では少し中腰になっていこうとするので、よくわかってるな~と感心したりして。。。
最近、転ぶのも慣れてきたようで頭もなるべく自分でぶつからないように少しはセーブできるようになったみたい。それでも、たんこぶなどの傷は一個無くなりは一個増えるといった感じで、なくならないのですが。。。(笑)



89 2003/09/20(Sat)  クララおねえちゃん
a0162646_169858.jpg

義理の弟の子供のクララは3歳。茉莉花と会うとクララもすっかりお姉さん。
ずいぶん人間らしくなった茉莉花だけど、まだどこか動物っぽいところが残っていて不思議だなあと思うこともまだまだあるのだけど、きっと3歳ぐらいになるとそういったものもすっかりなくなるのだろうと思う。
お腹の中にいた記憶を3歳までに聞くと、ちゃんと答えてくれる場合があるらしいけど、タイミングが大事なようでそのタイミングって、どうやって計ればいいのだろうか?と思う。みんな自分の子供にお腹にいたときの記憶聞いたことありますか?



88 2003/09/19(Fri)  公園
a0162646_1693129.jpg

このところ公園通いが続いている。朝6時頃からと夕方5時ぐらいからの1日2回。歩けるようになった茉莉花にとって、家でテレビをみたり、おもちゃで遊んだりといったものは、すでに退屈なようで少し家で遊べばもう十分。早く外に連れてってといった感じにすぐなる。朝の散歩は結構気持ちのいいもので、私もこのところ健康になったな~と思う。今日は久しぶりに(高校生以来)バスケットまでしてしまった(笑)。明日筋肉痛になっていないことを祈るばかり。



87<>2003/09/19(Fri)  歩く
a0162646_1695298.jpg

この小さな芽を8月中は全く書けなかったけれど、この一ヶ月間が今までの中で茉莉花が一番成長した時期だと思う。まずは一人で歩けるようになったこと。
今では、余裕ですたこらとどこまででも歩いていってしまうようになった。ついちょっと前まではハイハイしかできなかったのに、着実に人間らしくなってきて驚くばかり。来週の23日で茉莉花も1歳。赤ちゃんとはいくつまでを言うんだろうか?
もう一歳を過ぎると赤ちゃんとは言わないのかな?とすると、赤ちゃんと呼んでもらえるのももう数日。長いようで短かった赤ちゃん時代。



86 2003/08/09(Sat)  めがね
a0162646_16103959.jpg

赤ちゃんの好きな物のなかで、メガネというのも定番らしいが、私も夜中にミルクをつくるときにメガネをかけ飲ませていると、必ずメガネを茉莉花に取られてしまう。見えない目で、しかも眠い中、ミルクをあげていると時々哺乳瓶を鼻につっこんだりとか、顔中ミルクだれけとかかなりひどいこともしていたりする。(笑)
でも、メガネを手に持っている茉莉花はニコニコ。
先日メガネの代わりに、おもちゃのサングラスを買ってあげたところ、かなりこれがお気に入り。茉莉花は帽子は大嫌いで、夏のお散歩のときはとても困るのだけど、このサングラスでお散歩というのもちょっとな~ですよね。(笑)



85 2003/08/07(Thu)  たぬ
a0162646_16105951.jpg

うちの猫のタヌは、茉莉花がいる部屋には絶対入ってこようとしない。
茉莉花はタヌに近づきたくて、いつもタヌを見つけるとニコ~と笑って一目散で近づこうとする。どうもこれがタヌを遠ざけるようで(笑)、
タヌも10時ごろ茉莉花が寝ると必ず私と縄文人がいる居間にやってきてタヌの家族団らんの時間が始まる。先日、タヌは茉莉花が部屋に入ってきたことにきづかずテーブルの下で、うとうとしていた。そして、茉莉花もタヌのことに気づかずテレビを見ていたのだが、あるときふとタヌの姿をみつけ一目散!タヌはとてもおびえてギャーと逃げていって。。。
まるでトムとジェリー状態。茉莉花がトムですけどね。
早く茉莉花とタヌがなかよくなる時がくるといいな~。



84 2003/08/06(Wed)   岩登り
先日、ロッククライミングの仲間のs夫妻が子供と一緒にうちに遊びに来てくれた。プランターコテッジを作る前、縄文人は週末になると岩場にいき、平日は仕事終わると人工壁を登りにクライミングジムに行っていた。
私もそれにあわせて、遠いアメリカの岩場までつき合わされたこともあった。
S夫妻と話していると、やはり岩場に行きたいと私ですら思うので縄文人は言うまでもないといった感じ。茉莉花が少し大きくなったら、私はクライミングジムに一度連れて行ってあげたいと実は思っている。
よく動く茉莉花にはぴったりなスポーツ。本人が好きかどうかによって決まるけれど、ロッククライミングは命綱をもってもらうパートナーがいないと、できないスポーツなので、娘がこのスポーツを気に入り、ある程度大きくなって一緒にジムや岩場にいけたら、縄文人は感無量だろうなと思う。
しかし、オヤジ体型だとたちまち岩場は登れなくなるので茉莉花が大きくなるまで、太らず、オヤジ体型と言われない体型をキープできるだろか?
これからビールが美味しい季節。なかなか手ごわい季節がやってきました。(笑)



83 2003/08/02(Sat)  インド式
a0162646_16112342.jpg

食事の時間がやってくると、さてどうやって今日もあまり汚さないように食べさせられるかな?と頭を悩ます今日この頃。
茉莉花の最近の食べ方はインド式。全て手づかみでいきたいらしい。
野菜はスティック状にすると大喜びで食べてくれるのでこちらも助かるけど、おかゆや煮物もインド式でいきたいらしい。汚れた手で、最近私の顔や服をさわるのがマイブームとなっているいる茉莉花。こちらも割ぽう着などで対処しないとちょっと手ごわくなってきた。時々かぼちゃのマッシュなどを目につっこまれるともう笑うしかないって感じ。(笑)



82 2003/07/30(Wed)  自転車
a0162646_16114638.jpg

先日、自転車の後ろに茉莉花をのせることができるように赤ちゃん用の自転車後部席の椅子を買った。3歳ぐらいまで使えるそうで、茉莉花もいろんなところに行けるとわかったのか?とてもうれしそう。
早速何処に行ってみようかということになり、ずっと行きたかった花屋さんへ。
この花屋さんは入り口でハサミをもらって、お花畑で自分で買いたい花を自由に切ることができる花屋さんで、私の一番好きな花屋さん。
ちょうどkako さんも来ることになってるしと思って花畑でダリア等を切って、購入した。やっぱり、この花屋さんいいな~。花屋さんというより、花畑といった感じなのだけど、1本からもちろんOKだし、あまり花屋さんで売ってない花が手に入る。
というわけで、自転車のおかげで茉莉花と私の行動範囲はこれから広がるのでした。



81<>2003/07/29(Tue)   携帯電話
a0162646_1612844.jpg

携帯電話を赤ちゃんが大好きなのは知っていたので、なるべく茉莉花には見せないようにしてきた。しかし、ときどき私が携帯で話しているのをじっ~と見ていて、携帯電話がテーブルの上においてあったりしたら、一目散で取りにいこうとする。
先日、長野のお婆ちゃんのところに朝の6時ごろ私からの電話がいったそうで、もちろん犯人は茉莉花。どうやって、番号を押したのか(笑)朝の6時にお婆ちゃんはいつも起きているのを知っていたのか(笑)?
携帯電話やリモコンやパソコンなど、触ってほしくないものばかり好きなんですね赤ちゃんって。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-08-14 16:12 | 『小さな芽』 | Comments(0)

「小さな芽」・・・母の目

マゼコゼBlogをちょっとだけリニューアルしてみました。
それと同時に、ほとんどほったらかしのRIKI-TIBAL WEB の見直しも少し。

このBlogのカテゴリーには、管理人の小池つねこ が書いている、娘…茉莉花の成長の記録日記『小さな芽』がありますが、この日記は茉莉花が誕生したとほぼ同時にBlog上で続けてきたものなので、娘と母親の8年間の記録ということになります。
その間、何度かBlogを変えたりHPを変更したり長野市へと移住している関係で今は『小さな芽』が幾つかに分かれてしまっているのですが、それらをあらためて読みなおしてみると、わが子を見つめる母親の視点は、いつの時代であろうと間違いなく共通するものがありそうだ・・・と思ったりします。

今日はお盆。
地元 善光寺ではお盆縁日があり、境内で盆踊りが行われます。
たくさんのご先祖様がお家に戻り一緒にすごす一日です。

少し時間がかかるとは思いますが、「小さな芽」をこのBlogにまとめてみたいと思っています。
きっと私たちが伝えたいことはここらあたりにあるんじゃないかな…って思います。

小池マサヒサ 記

*****************************************************
2003年9月23日(投稿は9月27日)~2003年10月23日までの 「小さな芽」
初期のPlanterCottage Blog に掲載していたもの。茉莉花は1歳。



100 2003/10/23(Thu)  絵本

またまた昨日は“心を育てる”の講座だったので、そのことについてメモ書き。
先週は“絵本の楽しみ”で今週は“ストーリーテリング”。
で、昨日のストーリーテリングは国立のお話の会の方がきてくれて、いつも児童館や図書館などで子供たちに話しているやり方でお話を聞かせてくれた。
最初にロウソクをともしてお話が始まるので、こちらもワクワク。子供たちにお話する時もいつも同じだそうで、心を落ち着かせるのと、集中させるのと両方の目的があって、お話が終わるまで、ロウソクをつけておくとのこと。最初はほんとにワクワクソワソワだったけど、お話が始まるとスッ~と私もお話の世界に入っていけて、とても楽しい時間があっという間に過ぎていった。
5つの話が終わり、ロウソクの火も消えておしまい。これは、子供は楽しくてしかたないだろうな~と思ったのが正直な感想。お話をしてくれる人は、まったく本などは何もみないで、昔話や童話など聞き手の顔を見ながら話してくれる。聞き手はそれぞれイメージを膨らませて話の中に入っていく。3歳ぐらいから十分楽しめますよと、お話の会の人は言っていたので、茉莉花が3歳になったら早速聞きにいきたいな~と思った。自分だけで今でも児童館とかに聞きに行きたいけど子供同伴じゃないとダメなようなので(笑)。。。



99 2003/10/17(Fri)  たぬと
a0162646_8384098.jpg

我が家の猫のタヌは、やっと茉莉花が部屋にいても逃げなくなってきた。
茉莉花がタヌをなでなでしても、じっと我慢している。ずいぶんと距離が縮まって、このぶんでいくと仲良く遊べるようになるのは、それほど遠くないかもしれない。それでも、やはり茉莉花が寝静まったころの10時ぐらいになるとタヌは私のひざにのってきたり、自分の好きな椅子に寝そべったりと本当のリラックスタイムとなるようで、まだまだ茉莉花が寝てからでないと、ホッとはできないよう。しかし、このところ茉莉花は夜寝る時間がまちまちで、タヌも少し戸惑い気味(笑)。寝たと思ったらまた現れたりで早くリラックスさせてよ~といった感じ。一緒にゆったりできるのはいつのことだろうか?


98 2003/10/09(Thu)  
a0162646_8403793.jpg

暴れん坊の茉莉花はいろんなところに傷をつくり、1歳の誕生日の写真もなかなか撮影できずにいる。やっと傷もなおったかと思っていた矢先に、顔のど真ん中に傷を作りましたドアのノブにぶつけて作った傷2ヵ所。う~ん。
やっぱりかなり動く女の子ですね今日も散歩中にベビーカーの中で動きまわっていたところ通りすがりの3人組の女性に「シャッター押してもらえますか?」と声をかけられ、「いいですよ。」と私が答えたところ、そのうちの1人の女性が「ちょっと待っててね坊や。」と言ったので、思わずシャッターぶれちゃいそうでした。どう見たって男の子に見えるものね



97 2003/10/09(Thu)  高速
a0162646_8423941.jpg

最近、茉莉花は車のベビーシートが窮屈ですぐぐずりだすが高速になると話は別。
先日も千葉のほうに出かけたところ、高速に乗ったとたんすっと眠りにはいり、高速をおりるころにはパッと目がさめごきげん。
長野に行くときもいつもそうだ。たぶん高速の振動が心地よいのだと思うが、胎内にいたときと同じ感じなのだろうか?みごとに高速だとずっと眠っていてくれる。大人も車に乗るとすぐ眠くなるけれど、心地よい振動は子守歌にまさるものだと実感。



96 2003/10/09(Thu)  育児力

ひき続き「心を育てる」講座のことをメモしておきたいと思う。
この講座を受け初めて今日が3回目。
1回目は、自己紹介をまじえたディスカッション。2回目は、わらべ歌。今日の3回目は、再びディスカッション。4回目は、絵本の楽しみ。。。。と続くのだが、次のディスカッションは9回目で、最後10回目の講座もディスカッションで終わりとなる。
前回と今日のディスカッションをおえて思ったのは、NHKでやっている番組「しゃべり場」じゃないけれど、何人かが集まりいろいろ意見をかわすというのはホントおもしろいな~と思った。
この講座は全て自主的に参加している人ばかりだが、みんながみんなどんどん意見をいったり、感想をのべたりする性格の人ばかりでは当然ないので、意見をよく述べる人とそうでない人といろいろいるのだけど、それでも皆多かれ少なかれなんらかの意見は述べる。私はこの講座を終えると自分の意見を話すという行為がいかに大切かいつも思い知るといった感じで、頭で思っているだけでなくて話すという行為をもっと普段からしたほうがいいのだろうなと反省する。話すうちに自分でも考えがだんだん整理されてくるので、整理べたの私としては、この訓練が必要なんだろうなと思う。
ところでこの講座を受けている間、茉莉花を保育室にて預かってもらっているのだが、この2,3回目にして大きな変化があって、以前は誰かに茉莉花を預けてもニコニコだったのだがここにきて大泣きするようになった。今日は公民館が近づいてきたら泣き出した。保育員の方に預けるときは泣き叫んでいたけど、以前だったら考えられない光景で、私と一緒にいたいのかな~と思うと嬉しい反面、これからどうする?と困った面もあったりして彼女の中でもいろいろと変わってきているのだと改めて実感した一日でした。



95 2003/10/02(Thu) 心を育てる

先週から週1回の10回の講座「心を育てる」という講座を公民館で受け始めた。
この講座を受けている間は、公民館の保育室で茉莉花を預かってもらえる。
今日は、その2回目で「わらべ歌」だった。わらべ歌で子供を育てるというテーマにそって、いろいろな子供とのコミュニケーションのとりかたを教わり、おもしろい講座だった。友達にわらべ歌の勉強をしにハンガリーに留学し、ゴダーイ(わらべ歌の第一人者といわれている人)の教えを学んで現在千葉の幼稚園で保母さんをしている女の子がいる。彼女はひょんなことでプランターコテッジに来て、東京にくると必ずプランターコテッジに立ち寄ってくれる。
今日の講座でも講師の人が何度も口にしていたのが感性をこの時期ひきだしてあげれば、将来の宝となるというようなこと。「自然と生き物を大事にする心を養いましょう。そうすれば将来ストレス社会のなかでも自然で自分を癒すことができる子になりますから。道端に咲いている一輪の花など触らせて、きれいだね~と話しかけましょう。」と話された。
私が茉莉花の感性を引き出してあげるには、やはり頻繁にプランターコテッジに連れて行くのが一番手っ取り早いんだろうな~と講座を聞きながら思ったのでした。



94 2003/09/30(Tue)  ダーチャな生活
a0162646_8444666.jpg

このところロシア風に言うならダーチャな生活が続いている。週末になると長野に向かうという生活。先週末も長野に縄文人の仕事の関係もあって行っていた。
長野の縄文人の実家に行くと、野菜三昧の日々が続く。茉莉花はテーブルに並んだ野菜のきゅうりやトマトをひとつつまんで口に入れては、どこかにいって硬い部分だけぺっとはきだしている。(おぎょうぎはとても悪い)テーブルに並ぶ野菜の量は東京の我が家とは比べ物にならないので、茉莉花も楽しそうである。キッチンに行ってはズッキーニやサツマイモなどを運んできて遊んでいたりする。そんな姿を見ていると東京での生活は彼女にとってはちょっと窮屈なのかな?と考えてしまう。私たちにとっても同じことは言えるのだけど。。。



93 2003/09/27(Sat)  気づいたたこと
a0162646_846719.jpg

このところ茉莉花の成長ぶりに親である私はついていけないときがあって、いろんなことを見逃していることがある他の人と接することで、ふと気づいたりして一緒に長い時間いても見えないことがあるんだな~と思う。
先日も、いつものごとく首を茉莉花がかいていて縄文人が「この服タグがあたってかゆがってるよ」と言われ、そうだいつもかゆそうに掻いていたのはタグかも?と思い、このところかたっぱしからタグを取るようにしている。乳児用の下着などは、外側にタグがついていたりするんのだけど、大きくなるにつれてタグの位置も大人と同じ首のところに変わる。おもちゃなども、興味を示すものが変わってきている。生活のリズムも変わってきた。猛スピードで成長する彼女になんとかついていかねばと奮闘する日々なのでした。



92 2003/09/27(Sat) 早起き
a0162646_8464052.jpg

茉莉花は朝はだいたい5時~6時の間に起きるのだけど長野にいる時も、いつものように6時ぐらいに起きて、私たちを起こす。しかし、東京と長野と比べると朝の温度が違うんですね~ちょうど、その日も10度をきっていて、寒い朝。私たちはもうちょっとお布団の中にいたいのに、茉莉花は早く動きたい。わかりましたと、茉莉花も私たちもたくさん着込んで善光寺にお参りに。
鳩を追いかける茉莉花の後ろ姿はどうみても男の子。というか、おやじの後姿。(笑)朝は早いし、しょっぱいもの好きだし、お茶好きだし。。おやじみたいと言われても、言い返せないのでありました。(笑)



91 2003/09/27(Sat)  誕生日
a0162646_8473348.jpg

今月の23日で茉莉花は1歳になった。
その日は縄文人の長野の実家で誕生日パーティーをしてもらった。義弟の子供のクララもパーティーに来てくれて、お祝いの歌なども歌ってくれて、茉莉花にとってとても楽しい1日になった。ケーキにさされたキャンドルは1本。本人はまだ吹き消すことができないので、かわりにクララ姉ちゃんが消してくれた。ケーキもまだ食べれず、かわりに皆が食べた(笑)。
来年はキャンドル2本。今度は本人がキャンドルを消して、ケーキも思う存分楽しむことができますね。楽しみはこれからだね。
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-08-14 08:48 | 『小さな芽』 | Comments(0)