民族

今日はカザフ刺繍のワークショップがマゼコゼであった。カザフ刺繍のワークショップから見えてくるカザフ族という民族像。刺繍に現れる羊の角や腎臓。カザフ遊牧民にとって、羊は財産であり、経済力を図る指標でもあり、たくさんの羊に囲まれた豊かな暮らしを願って、羊の模様を刺繍にほどこすと今回ワークショップの講師の廣田さんが話してくれた。
モンゴルに暮らすカザフ人。
刺繍を通して見えるその暮らしぶり。
そこには、本当の豊かさがみえて、ただただ羨ましいと思ったワークショップだった。
a0162646_22521923.jpg
a0162646_2254313.jpg

a0162646_2254576.jpg
a0162646_22571543.jpg
a0162646_2258690.jpg
a0162646_017582.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-03-11 22:58 | Comments(0)
<< 衣装 カザフ刺繍 >>