マゼコゼな器たち

若林奈央子『マゼコゼな器展』も残すところあと3日。
今度の日曜日18日が最終日となる。
わたしは若林さんの陶器をみていると、なんとなく幼稚園や保育園の昼食にお呼ばれしている気になってくる。
前にもブログに書いたかもしれないが、彼女の器はなんとなくサイズが大人と子供の中間で,愛くるしい。丁寧に扱わなくちゃと言う気分にさせてくれる。
毎日丁寧に暮らしたいと思っても実際にはいろんなことにおわれて、ちょっと気持ちがあせったりあれてきたり。
そんな時は,私は若林さんの器を使う。
自然とそんなときは彼女の器を選んでいる。
自宅でも何人かの作家さんの陶器を使っているが、自分の場合料理に合わせて選ぶというよりは、自分の気分にあわせている。ぱーっといきたいときは大胆なお皿。ちょっと気分を整理したい時は和風な感じの器。
そして、ちょっといけないな、落ち着いてというときは若林さんの器。

展覧会は、そんな若林さんの器がマゼコゼに並んでいます。ていねいな暮らしをと言う方,若林さんの器おすすめです。ぜひおでかけくださいね。

18日まで。11:00ー17:00 open

a0162646_22125581.jpg

a0162646_2214306.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2017-06-15 22:14 | お知らせ | Comments(0)
<< アダムさんの器 器な日々 >>