優しい関係

サガンの小説に「優しい関係」という題名のものがある。
最初に手にしたのは私が大学生のころで大好きな1冊だ。このところ、この小説のことをよく思い出す。

先日マゼコゼで開催したわらべうたや絵本の会、そしてただ今開催中のアダムさんの展覧会、どれも「優しい」という言葉が似合う。
自分が優しい気持ちになれる時間は自分自身にも優しくなっている時であって、ある種の心地よさを感じる。
マゼコゼで何かをやるときの基本は、そんな時間をみんなで共有したいという気持ち。
それは、何年も変わらない。

今年の夏も、そんな気持ちを持ち続けていきたいなと願った夏。そろそろ秋がやってくる。

a0162646_13315067.jpg
a0162646_13322530.jpg
a0162646_13342164.jpg
a0162646_13345635.jpg

a0162646_13395089.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2016-08-27 13:41 | Artなこと | Comments(0)
<< 碗 -wan- 百景 RIKI TRIBALのワーク... >>