Ainu

昨日で四辻藍美アイヌ刺繍展「一本の縄からはじまる 2015・秋」が終わった。

今日「アイヌ刺繍展はもうおわってしまいましたよね。」と一人の女性が来てくれた。すでに作品は撤去してしまった後だったので、アイヌに関する本や自分が「たあくらたあ」という本に書いたアイヌ刺繍に関する文を「読みますか?」と差し出した。上田から来てくれた女性で、上田で開催される今度の平和映画祭の実行委員だとおっしゃっていた。「パレスチナ1948・NAKBA」、「TOKYOアイヌ」、「美しき緑の星」という映画が上映されるので私も気になっているのだけど毎年いつもこの平和映画祭のことは気になっているけど予定があわない。

うえだ平和映画祭のチラシには「大きなスクリーンに映し出される、わたしが知らない日常。映画を通じて、わたしではない誰かのことに、そっと想いを寄せてみる。あなたが辿って来た道のりが、私の心の奥底の遠い記憶を呼び起こす。平和に生きる権利を取り戻す。あなたは今、幸せですか?あなたの暮らす場所はいま、平和ですか?」と書かれている。

今回のアイヌ展。見に来てくれた人それぞれが感じたこと。
「あなたが辿ってきた道のりが、わたしの心の奥底の遠い記憶を呼び起こす。」「あなたのくらす場所はいま、平和ですか?」

今年も四辻藍美さんのアイヌ刺繍展が開催できてありがたかった。
そして、ご来廊してくださった皆様ありがとうございました。
a0162646_225966.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2015-11-17 22:08 | Artなこと | Comments(0)
<< 映画と服の展示会 わらべうたライブ >>