森案内

「森案内」「あの樹に会いに行く」の著者の細川剛さん。夫が細川さんと出会ったきっかけは岩手の森と風のがっこう。今回「しののいまちの教室」の講師として長野にきていただいて、私は初めてお会いすることができた。

ちょうど一年前に、夫が森と風のがっこうにロケットストーブのワークショップの依頼をうけて出かけて行った時の写真を見ていると、そこに映っているいる人たちは私はもしかして以前に会ったことあるかも?という人ばかり。
実際には会ったことがなかったものの、その人たちが書いた詩や文や写真と前から出会っていて、その詩や文や写真を通して私はその人たちと会った時に以前にどこかでであったことがあるような懐かしい気持ちに襲われる。

細川さんもその一人。今回長野で一緒にすごした1週間。
私の気持ちはもう森の中。
次回会った時は「あの樹に会いに行きましょう!」と言ってくれた細川さん。

あの樹。。。まだ会ったことがない「あの樹」。でももうすでに心の中にイメージがしっかりとできている「あの樹」。
いつか会えると思うと、心が躍る。
a0162646_22581383.jpg
a0162646_2258462.jpg
a0162646_22575554.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-26 22:59 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)
<< 四辻藍美さんのアイヌ刺繍ワーク... 21日 >>