ランタン

昨日はマゼコゼ2階にてランタンづくり。

9月23日の長谷寺秋分祭で、光のマンダラ万燈会に灯すランタンづくりを行った。
フェイスブックでよびかけて、どれくらい作れるかわからなけど、まずはやってみようと、今回のリーダー枝ピース研究所の所長の指揮のもと、場所はマゼコゼで作るという運びになった。

以前、娘の学校で図工の時間を1時間やってみませんか?と、当時の娘の担任の先生が夫に言ってくれて、その時2年生だった娘の学年みんなで、このランタンづくりをやって、できあがった90個近くのランタンを灯明まつりの時に西方寺さんに飾らせてもらうという機会があった。
その時も作る過程もおもしろかったし、出来上がったランタンに灯がともった時とても綺麗で感動した。

今回、つくり手たちは大人。風船をふくらまして、和紙をちぎって風船にぺたぺた貼って彩色して、1日乾かした後に風船に穴を開けて空気をぬいて型をぬく。過程は全く難しくないけれど、意識的に、または無意識に彩色、細工したそれぞれのランタンは、まるでそれぞれ個性をもった人のようで、実際に全部並んで灯をともしたらどんなになるのだろうかと今からとても楽しみ。

a0162646_15235413.jpg
a0162646_1523451.jpg
a0162646_15231327.jpg
a0162646_1523346.jpg
a0162646_15225436.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-09-02 15:26 | Artなこと | Comments(0)
<< アドベンチャー 夏休みが終わり。。。 >>