祈りの布

のとゆのノブちゃんの声かけで始まった「祈りの布」プロジェクト。
9月23日に行われる長谷寺の秋分祭にむけて、そのプロジェクトが気になった人たちが、それぞれ祈りの布を作りはじめた。
最終的にノブちゃんのところに集まる祈りの布たちは、彼女と仲間の手でぬいつなげられて、プロジェクト第一回めの会場の長谷寺にて、秋分祭の日に空を舞うことになる。

私も参加したいと思い、カメよりもはるかに遅いペースで祈りの布を4か月ぐらい前からつくりはじめ、昨日ノブちゃんのところに届ける予定が、すっかり布を忘れてしまい、今朝もちょっと縫いなおしたりしていた。
この布とこの布をつなげて、この糸とこの糸をつなげて、この布とこの糸をつなげて。。。

と、いろんな人や国や全てのことがどんどん繋がって、それぞれ違うものたちが、お互いを認め合うようになれればと思いながら、断片をひとつひとつ繋ぎ、いろんな願いをこめながら、かめよりもずーっと遅いペースでぬう。

昨日はノブちゃんが住む中条の山のてっぺんのお家に行って、中条を案内してもらう。歩きながら空を見上げると長新太さんの「ぶたやまさんたら、ぶたやまさん」を思い出す。
いろんなものが浮かんできては、消える。長新太さんの絵本は読んだあと、ふわーっと暖かい気持ちになる。お空の上にいる人も下にいる人も、みんな繋がっていることが、祈りにこめたい一番のことなんだなとふと感じた中条での一日。

祈りの布のサイト↓

http://inorinonuno.jimdo.com

a0162646_1239100.jpg
a0162646_1224386.jpg

ハンモックの中で揺れる娘
a0162646_122334.jpg
a0162646_1222337.jpg

中条の空
a0162646_122783.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-08-04 12:08 | Artなこと | Comments(0)
<< 憧れの地 「父と暮せば」 >>