TLUDカフェ

この前の土曜日と日曜日、菅平高原で開催された森フェスに参加しました。

森のめぐみストーブという題名で空き缶を使ったTLUDストーブの制作実演。そしてTLUD倶楽部の仲間である枝ピースコーヒー&Ma2コーヒーのお二人がTLUDを使ってコーヒーを淹れてくれていました。

一般的にお店でコーヒーを頼んでテーブルにでてくるまでの時間って、どこまでだったら許されるのだろう?と私はつねづね思っているのだけど、タイの島ではテーブルにでてくるまで2時間ということはよくあったけど(たぶん忘れられていただけ 笑)日本では、どれくらいの人が、ゆっくり、スローに、その待ち時間を楽しんでられるのだろうと自分もカフェで普段コーヒーを入れているので、つい考えてしまう。

私たちのブースは、なんとなく難民キャンプみたいでもあり、かなり本物のスローカフェでもあり、誰がお客さんで誰が店の人かもわからないカフェでもあり、時間がかなりゆっくりと流れていたカフェ。

こんなカフェあったらいいなー。森で枝や松ぼっくりひろってきて、それを燃料にTLUDでお湯をわかして、コーヒーを入れる。

時間は、ゆっくりが原則。

そんなカフェ。

当然、儲かりません。(笑)
a0162646_1551429.jpg
a0162646_15513296.jpg
a0162646_15511838.jpg
a0162646_1551191.jpg
a0162646_15504551.jpg
a0162646_15502991.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-07-03 15:52 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)
<< 7月20日は「しののいまちの教... みんなで作る >>