しめりけの森

小林野々子さんの展覧会は、いよいよ明日が最終日。
今回の展覧会は、野々子さんの描く森の中にいるような、そんな暖かい展示。

ちょうど、展覧会の始まる2日前。家の前で野良猫が車にはねられるに出くわしてしまい、その猫を助けたいと病院に連れて行ったものの、検査はできたけど野良猫のため触られるのを嫌がり、病院の先生もお手上げ。うちにつれて帰ってダンボールに入れて、箱の外から息を確かめ、お水を箱の横から穴をあけていれたりして、もうだめかなと様子をみていたら、翌日には自力で箱から出て行ってしまった。血まみれの野良猫。どこにそんなパワーが残っていたのかと思うけど、あれからちょうど今日で一週間。猫とはまだ再会していない。そして、ちょうど猫がいなくなったと同時に娘に持たせていた携帯電話がなくなった。こちらも、あれからでてこない。

野々子さんの描く森。いろんなものが見えたり隠れたり。
永遠のかくれんぼ。

お時間ありましたら、ぜひ森にいらしてください。
a0162646_21324392.jpg

 春らしい花の棚 こちらがマゼコゼです
a0162646_21323361.jpg

 ワークショップの様子
a0162646_21322260.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2013-03-25 21:34 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)
<< 4月 しめった土と落ち葉のにおい >>