大笑い

今日は娘の学校でマラソン大会があった。
3,4年生は8時半から新城山公園でスタート。
この前の練習では9位だったと大喜びだった娘。
1年生の時は2位、2年生では20位ぐらいだったかな?そして今回は少し気合が入って10位ないを目指すと言っていた。

しかし、とんでもないことが起こってしまい、娘は今日はずっと学校から帰ってきても一人部屋で泣いていた。
というのが、毎年思うのだけどゴールの場所が曖昧なのと、先生の番号の札を渡すタイミングというのがとても複雑で。今年も例年通りゴールの位置は曖昧。しかも4年生のタイムの遅い子と3年生のタイムの早い子は重なってしまう仕組み。まずは4年生の女子が最初に走り、そのあとに3年生が走るのだが、ゴールは同じ場所でポールが置かれているところの右が4年生、左が3年生となっていた。これはわかりにくいなーと思っていたところ、娘が13位ではいってきたのだが、すんなり4年生の方に入ってしまい、先生も何も気づいていない。娘がもどって先生に訴えるけど、先生も他の子のタイムがあって相手もできない。しかし、先生が4人いたので、あの対応はないだろうと私は思ってしまったが、娘は泣きながら途方にくれている。思わず、私が娘に番号の札をもらってらっしゃいと伝えたら18位の札を渡され、先生たちも何も無かったような感じ。
あんなに頑張ったのに、これはかわいそうだなと思ったのだが、娘も下を向いて泣いているばかりで声もかけられない。そのあと私は仕事もあるので家に帰り娘が帰ってきたらどう話かければいいか頭を悩ましていた。そして4時半ごろ帰宅した娘は予想どおり口もきかず2階の部屋に閉じこもって泣いている。それでも6時近くになったら少しは漫画を見て元気になったので犬の散歩に夫と娘と私とで出かける。娘が図書館近くの太平堂でパンを買いたいというので、『今日は何でもかってあげる。』と娘と私は一緒にお店に入った。
そしてレジでお金を払おうとすると、お店のおばさんが『兄弟?』と私に聞いてくるので「え?」と聞き返すと再び『兄弟じゃないの?あんた大学生じゃないの?』と真顔で私に聞いてくる。そばで聞いていた娘は大笑い。「いいえ。どうみても兄弟には。。。」と私も笑いながら答えると、おばさんは『チェックの柄の服ふたりとも着ていて兄弟かと思ったわ。』と真顔で言う。
娘は笑いが止まらないようで、すぐ外に出て犬と一緒に待っている夫に報告。
そのあと私も笑いをぐっとこらえて「ありがとう」と言って外に出て夫に話すと『夕方で疲れて目が見えなくなってるんじゃないの。』と夫も必死で笑いをこらえている。

目が悪いことって時には人に幸せを運ぶのだと確信した私は、娘が大笑いしているのを見てやっとホッとできたのでありました。ありがとう太平堂のおばさん、いやお姉さん。(笑)
a0162646_21395782.jpg

今日は大好物のホットケーキでも泣きやまなかった娘
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-11-04 21:45 | 『小さな芽』 | Comments(4)
Commented by hiromi at 2011-11-06 08:21 x
つねちゃん、すごいね!大学生なんてさすが~~。わか~~い。
まりちゃん、きっと悔しかったんだろうなあ。。。大人なら悔しくってもあきらめるって事を否応なく学ばされているんだけど、子供はまるごとそのまんまだもんね。タシもきっと泣くと思います。。
Commented by arai at 2011-11-06 10:22 x
こどももいぬも、泣いて(鳴いて)大きくなるものです(*^-')ノ
Commented by cafe_mazekoze at 2011-11-07 10:13
ひろみちゃん、大学生というこの大事件は我が家でおおうけだったようで、そこまで笑うかというぐらい小池氏と茉莉は笑ってました。茉莉もそうとう悔しがっていたけど、この事件ですべて忘れたかのようで、よかったー。子どもは素直だね。
Commented by cafe_mazekoze at 2011-11-07 10:14
あらいさん、大人は泣けないから大きくならないんでしょうか?
<< 本日まで 子犬 >>