宮尾節子さんの新刊 『恋文病』

今朝、郵便受けに入っていた包み。
明らかに本が入っている。
差出人の名前を見ると、宮尾節子さん。
「えっ?もしかして新刊?」と急いで包みを開ける。
嬉しい!
新刊の「恋文病」が入っている。
あーなんて嬉しいこと。
たまたま以前に私がブログに宮尾さんのことを書いたものを見てくださり、送ってくださった。

昨日あたりから、かなり育児ノイローゼ気味の私。(相手は赤ちゃんではありません。子犬です。)
犬の習性を少しずつ周りの人に教えてもらいわかりだしてきたものの夜になると疲れはててしまっている今日このごろ。
コーヒーと一緒に送っていただいた詩集を読む。今日初めて穏やかな気持ちになった気がする。
やっぱり好きだ節子さんの奏でる言葉。
気持ちが晴れる。

宮尾さんのブログも素敵です。
詩人が見ているものが言葉になると、言葉が音楽のようだなと思います。

象        

そう
です
と言いたかったの
かもしれない本当は
こんなに大げさに
なる前に
象は


宮尾節子 作


a0162646_20203326.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-10-08 20:27 | Artなこと | Comments(1)
Commented by リョウジ at 2011-10-10 09:34 x
はじめまして。突然失礼します。
ずーっとロケットストーブの事を調べていました、
がドラム缶、U字溝…と考えていると腰が上がらない、という状況がありまして。
でもまだ気になって延々とネットサーフィンしてましたら
MAZEKOZEさんに辿り着きました。

私もかつて時計型マキストーブを使っていまして
MAZEKOZEさんの革新的なロケットストーブには やられてしまいました!

日々、使っていく中での試行錯誤 とか素晴らしいです‼

参考にさせて頂きながら 自分もやっぱりロケットストーブ造りたい、と盛り上がってます 笑
<< 今の季節 モーニングお休みの日 >>