太陽の味

「トマトって太陽の味がするね。」と娘に話すと
「太陽の味って、どんな味?」と聞かれ
「だから、この味」と私が答えると「???」の娘。

「甘いんだよね。砂糖の甘味じゃなくて、おひさまにあたったときの甘味と言いたいけど、それともちょっと違うの。」と言っても、たぶん説明不足。

太陽の味って、なんて言ったらいいんだろ。
太陽をたっぷりあびたというだけじゃ太陽の味じゃなくて、ちょっと不完全な甘味と言えばいいのだろうか?
甘いんだけど、人工的には作れない甘味で、だから完璧な甘味では無く、説明はむずかしい。

そして私が太陽の味がすると感じるのは夏の採れたてのトマトであって、他の野菜や果物では太陽の味という言葉はでてこない。
私にとって、この味が太陽の味と堂々といえるのは夏の採れたてのトマトだけ。

「お母さんって、わかんなーい。」と笑いながら言う娘を横目に、気持ちを言葉にするのは難しいけど、いつか太陽の味わかった!って娘が言ってくれる時が(そんな時あるのかしらん?)、お母さんのことわかったよと言ってくれる時なのかな?とふと思ったりした。

「太陽の味」説明は難しい。
a0162646_13535994.jpg

   写真はトマトじゃなくて「しまうり」
[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-09-01 13:56 | 『小さな芽』 | Comments(2)
Commented by chieda919 at 2011-09-03 22:19
「太陽」は、「お母さん」に似てるかもね。
あたりまえにいつもそこにあるように思うけど、あとからじわじわ~っと
その味わいがわかってくるのだよ。こんな説明だと、
「ちえさんも、わかんなーい!」って言われちゃうかなー。
Commented by cafe_mazekoze at 2011-09-04 19:09
まりに伝えておきますね。あとからじわじわーってくると、今の時期まだ暑苦しいと言われそうですが、冬になったら、ありがたみがわかってくれるでしょうか?(笑)
<< 善光寺と門前町とカフェ 犬 猫 獅子 人 >>