宮尾節子さんの詩集

以前、国立市のプランターコテッジで加茂孝子さんの展覧会を開催したときに、友人でもある詩人の宮尾節子さんがいらしてくれた。そのときプレゼントしてくださったご自身の詩集「ドストエフスキーの青空」。いつかプランターコテッジで宮尾さんのポエトリーリーディングやってみたいとずっと思っていたのだが、そのまま長野に
私が引っ越してきたので、できずじまい。
この詩集、とっても好きでときどきページを開いて詩をよんでみる。
たまに、ブログを拝見したりもしていて、この宮尾さんのセンスっていいな~といつも思う。
この「ドストエフスキーの青空」の中の「だるまさん」という詩。
この詩は本当に何度よんでも切ないけど好きだ。

今度、宮尾さんの新しい詩集がでるらしい。楽しみがひとつふえた。

a0162646_1533201.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2011-07-06 15:33 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)
<< 長野の町案内 かつての。。。 >>