別れと出会い

あと数分もすれば4月1日。きっと、この文章を書き終わったころには4月1日。去年の今頃は、東京の国立市を離れて長野市に来たばかりのころ。
蔵のなかで段ボールに囲まれ、毎日掃除。娘もだんだん気分がすさんできて、ちょっと荒れ気味だったような。そんな日が何日か続き、小学校の入学式に突入したのを覚えている。

今朝は家の壁が土臭く、春の兆しを感じてびっくりしたのだが(土壁って本当に呼吸してるんですね。)昨日までの雨や雪の天気から温度が上がり、そろそろ春の気配を感じると思ったとたん、土壁がにおう。ほんの数時間でにおいは消えたが、土のにおいがして、確実に季節が変わるのだろうと感じた一瞬。
すごいことだと思うと同時に、土壁の家って生きてるんだ、体臭じゃなくて家臭ってあるんだ!と驚いた。
外に生えている植物も、そろそろ花が咲く感じ。
なんだか土の中でいろんなものが動いている感じがして、ちょっとドキドキ、わさわさ。

やっと春がやってきたと感じる朝だった。
a0162646_0232250.jpg

[PR]
by cafe_mazekoze | 2010-04-01 00:24 | 出会ったコト・ヒト・モノ | Comments(0)
<< Artで繋がる?? 山のある風景 >>